感情のコントロールについて

感情は出来事によりなるものではありません。するものです。
苦しい時でも「できる、やれる、Yes!」とか言い続ければ
言葉は返ってきます。…言霊なんです。

試合の前に「大丈夫かな〜とか」言ってるチームが勝つ訳ないもんね。
勝てる、やれると気合を入れているところの中からしか勝利は生まれないのです。

Yes!Yes!Yes!と唱えながらやると何百度?の炭の上でも熱さや痛みを
感じないのです。

「今喜んでください!」・・・無理やりニコニコすれば喜んだ
顔となります。続けていればやがてなんだか楽しくなってきます。

鬱の人は心の状態を体で表現します。体の姿勢が変われば
逆に心も変わっていくのです。

日本文化の道と称するものには、型が多いのはそういう理由からです。
訳もわからず型から始めた方が成長が早いのを知っているから、型から
入るのです。体の使い方が重要なのですね。

マイナスとか過去の傷に集中すれば心は萎えます。だから成功する為には
ビジョンとか未来とか成功している人などに焦点を合わせるのです。

何だかイライラすることがあったり、嫌だな〜という事があったら
別の質問をするのです。

今の状態で幸せなのは何なのだろうか?とか
今の状態でワクワクする事は何なのだろうか?

という風に質問を変えてマイナスの状態から心を
明るい状態に導いていくと、アイデアが浮かび悩みが

解決することが多いのです。
嫌な人や出来事があってもその中からプラスのものを探して
そこに焦点をあわせてください。

経験は同じ、解釈はいかようにもできます。辛い時が
あっても解釈を変えて明るい解釈を心がけてください。

まとめ
感情のコントロール

仝斥佞鯤僂┐襦
態度を変える。
焦点を変える。

新丸子西口歯科
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
isao1@ya2.so-net.ne.jp/
http://www.net-dental.jp

〒211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4
メゾンゴールド1A