神奈川県川崎市の歯科、イサオ歯科クリニックです。

2017.9.02.

9/2.お台場近くの場所で日本病巣疾患研究会の学術集会が開催されました。

色々な科の先生が病巣感染というというテーマで集合して症例を発表されています。
Bspot療法60年という老耳鼻科医をたてる心配りもされていました。

現代のX-ray,CT,MRIを読影し、パソコンを見ながら判断をし、血液検査、エコー検査などの検査をしても患者の話に耳を傾けたりせずに、全体的に判断を下さないという姿勢にかなり疑問を持っている医師達でした。

毎日、自費にしますか?保険にしますかと金の話だけをしているだけと思われている歯科医師という仕事。やはり医師の姿を見ない限りその精神を奮い起こす人間性は、育まれないような気がします。

病気を治す為に恥も外聞もなく遠方の先生に連絡を問い、やり方を教えてもらうために精力的に活動し師と弟子の関係を幾重にも重ねているようです。

そして絆ができ、仲間としての関係をはぐくまれていました。

講習会という金をとり同業者に教えて金銭を稼ぐという歯科特有の在り方は、アメリカの歯科医師の真似から来ています。

医師にはなれないdentistの特有の姿でしかないようです。私も仕方なく金を払い続けた口ですが、かような講習会を受けたからと言って医学的能力が高まる訳でもないのです。



Dentistから医師としてstomatologistにならなければ評価も高まることはないと思います。

写真の真ん中の先生は東洋医学や自分で開発した仙腸関節への注射により腰部の痛みを劇的に解決させた療法を説明されていました。

お爺ちゃん先生がB-spot療法60年の老耳鼻咽喉科医師の方です。

21231003_1448970771846237_7583429377340452265_n[1]









































21192367_1448970441846270_2492506167653201476_n[1]









































21272564_1448971021846212_3780149434485098745_n[1]









































21192892_1448971268512854_7329525187239278643_n[2]