神奈川県川崎市の歯科、イサオ歯科クリニックです。

2017.7.15.

歯科で開業しているにもかかわらず、まともな入れ歯を作れない歯科医師の多い事に驚きます。

..........................................................................................

 

ある遠方より来院された初老の女性。ずっと同じ歯科医院にかよいながらどんどん歯を喪失。やがて保険の入れ歯を入れていたところ痛みや不愉快さを感じつつも、装着。

 

その後入れ歯に接している歯を喪失し、だんだんひどくなり最終的にその馴染みの歯科医院をあきらめ、評判がいいと言われている歯科をお友達より紹介を受け遠方の歯科医院を受診。

 

複数の歯科医師を擁する大型の歯科医院らしい。そこで院長先生と呼ばれる方が時間をかけて金属の入れ歯を作製する。と言ってもおそらく歯科技工士への丸投げだったと思われる。 

 

その後に家族による検索やご自分で色々な歯科を訪ね歩くが今一信用できず、当院来院。どこの歯科医院も装着している高価な金属の入れ歯の欠点を指摘するが、ではご自分で作成した入れ歯で必ず使えて良く噛めるかどうかはお茶を濁すばかりだった、そうです。

 

拝見したところ、現在の状態で入れ歯を作製するのはかなり困難だと話し、最後の一本を根だけにして総義歯(総入れ歯)にされればなんら問題なく食べれますと断言。

 

何しろ、かなり前から完全補償をしていますから嘘をつけば料金をいただけないと誓っていますから、毎回めちゃくちゃ緊張しながら入れ歯を作製したきたのです。

 

ですから、リスクはわかるのです。

 

入れ歯の歯型を取るやり方は、故丸森健二先生主催の横浜臨床座談会で学び(盗み)今では、どちらかといえば近代口腔科学研究会を主宰されている、飯塚哲夫先生のやり方を踏襲させていただいています。

 

今では誰のやり方かもわからない程、その都度考えながらやっています。一番信用していただく方法は、現在使用している入れ歯を修理して噛めるとかはずれないとか痛くないようにしてあげることなのです。

 

でもかなりリスクがあり、金属の入れ歯(自費診療、高額)の場合修理困難な事が多く

修理できない事が多いのです。

 

ですから以前使わなかった安い保険の入れ歯などを持ってきてもらい、預かったりその場で修理して噛めるとか痛くないという風にしてあげると信用されます。

 

せこい患者さんになるとそのまま来なくなる方も多数いらっしゃいます。(笑い)

 

写真の方の高額な入れ歯を拝見するとまず喉の方向の入れ歯の位置が悪く吸着できていない。クラスプと言われる金属の歯を掴むものの形と材料も?でした。全体的に入れ歯のマージンを頬の筋肉で保持できるような形にできていないために吸着が悪いのです。

 

ですから、全然使用していない安い保険の義歯を使い修理して動かず、痛まず、咬めるようにしてあげると信用絶大になるのです。

 

補償するとか返金可能というのは、マーケッティング的手法ですが、歯科の治療ではリスクが多すぎてできない方が多いようです。

 

ただし、相当年月を経て同業者間での症例検討会などで思考を深めていないと困難なケースでは失敗し、信用失墜しますので用心が必要なのです。

 

それでもあえて完全補償をしない限り遠方から患者さんが来ることもないのです。

 

思うに歯科大学、歯学部での教育ははなはだしく劣悪で、役に立たずにあまり優れた指導者も少ないように思います。

 

それは、日本よりましでしょうが、日本人歯科医師が憧れるアメリカでもヨーロッパでも同じ感じを最近受けております。

 

優れた指導者に付き、マンツーマンで経験を学ぶのが一番なのですが、一度開業すると雑務に追われ学びに行く時間も取れないために、講習会というばか高い金額の講習会に行き座学をするしかありません。

 

でも座学で学べるのは医療行為ではなくあくまで知識です。

医療行為という病気を治す行為は、師匠に付き毎回毎回、指導されながら、盗みながらそして自ら考えながらしか技術的向上はないようです。

写真の入れ歯はボロボロの保険の入れ歯を何とか修理してお渡ししたものです。その後電話で尋ねましたが痛くもなく初めてご飯を食べられるようになったということでした。

dentistry

と言われる職人の技術も修行が必要なのです。そして医療行為はさらに難しいのです。

DSC_0235





















DSC_0236





















DSC_0238






















DSC_0234





















DSC_0239






















DSC_0240





















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イサオ歯科クリニックはQ-lifeに登録しています。
株式会社QLife(キューライフ)に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらから
「川崎市の入れ歯ならイサオ歯科クリニックへ」
「顎関節症はイサオ歯科クリニックへ」
入れ歯のことなら入れ歯専門の
イサオ歯科クリニック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

イサオ歯科クリニック
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・