神奈川県川崎市の歯科、イサオ歯科クリニックです。

2017.7.08.

美容にこだわった患者の末路。

.................................

歯科でやることは殆ど傷害行為です。ですから虫歯や神経の処置や歯周病を治癒させてからしか何かを被せないと大変危険です。

 

病気を治癒させずに矯正治療や破壊行為として神経を取り白い被せ物を入れた患者の末路です。

 

17才で上下矯正治療

22才で隙間が気になり、上京後、健康な歯の神経を取り削り見た目をよくする。

34才、奥歯や少し前の方の銀歯をセラミックなどの白いものに変更。

 

現在妊娠中で経過観察も中止。来院されたのはセラミックが取れたからでしたが、崩壊が激しく抜歯しかないような状態でした。それよりすべての歯は重症の歯周病に罹患していておそらく全ての歯は数年で抜け落ち、総義歯(総入れ歯)しかないと判断されたかたです。(そうはさせたくないのですが、本人は自覚していません。)

 

凄く綺麗で色白の方ですが、芸能界の方にも似て、早く綺麗にする為に歯を殺しすぐ綺麗な歯を入れるという美容的な歯科で施術したようです。

 

東京に来て給料を歯科やもしかしたら美容にかけたのかもしれません。

大変残念です。

 

口腔科の医師の意識を持たない限り患者さんはかわいそうですし、尊敬される職業と思われることはないと思っています。

 

そういう意識を持つ歯科の医師や口腔科を目指す歯科の医師を見た事が私の原点かもしれません。

 

世間では大した技術でもないと思われているかもしれませんが、それさえもできないdentistが多いのも現実です。これはアメリカであろうと先進国、北欧であろうと同じような気がいたします。

                                                                                                

日本では保険医という資格とそれでしか生計を立てられなかった医師や特に歯科医師の現実がありました。

 

充実した少しは尊敬される歯科の医師になる為には、保険医を辞退し、積極的に良い治療を行うしか道はないような気がいたしております。

写真は殆ど崩壊し抜けたセラミックとその後修復してまだ経過監査中の歯の状態です。奥の歯は、重症の歯周病で注射もせずに抜いた歯です。

DSC_0024





















DSC_0025





















DSC_0100





















DSC_0101





















DSC_0099





















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イサオ歯科クリニックはQ-lifeに登録しています。
株式会社QLife(キューライフ)に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらから
「川崎市の入れ歯ならイサオ歯科クリニックへ」
「顎関節症はイサオ歯科クリニックへ」
入れ歯のことなら入れ歯専門の
イサオ歯科クリニック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

イサオ歯科クリニック
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・