神奈川県川崎市の歯科、イサオ歯科クリニックです。

2017.3.5.

駅で見た広告について

.........................................................

嘘や誇大広告は、医療をやる資質に疑問あり。

歯科でやることは殆ど障害行為なのです。だから医科と別れてしまったのです。

もし矯正をやるならば、如何に傷害を最小限にして美的満足感をあたえるかなのです。

元に戻ったり、重症の歯周病や酷い虫歯から神経を除去せざるをえない患者さんが多くて閉口しているのですから。

こんなことでは評価されるのも、難しいと思ってしまう日々なのです。

顎の周りの筋肉は、生まれてから歯が生え始めて、咀嚼という歯と歯をこすり合せる事により食べ物をすり潰し唾液と混ぜ合わせることにより消火、吸収を手助けし必要な栄養を吸収するのに貢献します。

だから咬んだ時に痛みがあったり、うまくすり潰せないとそれ自体がストレスとなります。

歯と歯をこすり合せても不都合がないように、順応し筋肉は成長していきます。インプットされた効率の良い咀嚼パターンは、脳の記憶として刻み込まれるのです。

そして条件反射的に、生涯自然な摩耗によるパターン変化以外には変化は乏しいのです。

それを人為的に阻害するする要因は、矯正的な歯の移動や歯や歯茎の病気、顔面や顎の障害などの急性的な傷害なのです。

考えても見てください。

わずかな堅い物が柔らかいご飯の中に存在してそれを噛んでしまった時の不愉快さを。
それをかなりの長い間歯や歯茎に強いるのが歯科矯正という名の美容的処置なのです。

ですから顎の成長が期待できる思春期以外ではかなり顎の周りの筋肉、しいては神経系統に無理を加えるのが、矯正的歯の移動なのです。

思春期だとしても要注意な傷害行為なのですね。

殆どの場合、筋肉が順応せずに良く噛めないという矯正治療の患者さんが多いのです。

なるべく奥歯は異常な状態以外は、位置をずらしたりせずに気になる糸切り歯から糸切り歯までの歯の並びを本人が望むところまで移動してあげれば、事足りると考えています。

専門医という名の、異常なほどの歯の移動をさせる歯科医師は、dentistであってもoral physicianという名の医師には程遠いのです。

17103450_1267400300003286_5207576366454057411_n[1]




















































・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イサオ歯科クリニックはQ-lifeに登録しています。
株式会社QLife(キューライフ)に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらから
「川崎市の入れ歯ならイサオ歯科クリニックへ」
「顎関節症はイサオ歯科クリニックへ」
入れ歯のことなら入れ歯専門の
イサオ歯科クリニック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

イサオ歯科クリニック
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・