神奈川県川崎市の歯科、イサオ歯科クリニックです。

2016.9.28.

下顎の親知らず(埋まっている智歯)抜歯について、
腫れないためには、痛くないためには
...................................................................................................................
下顎の親知らずの抜歯は患者さんでも嫌がる方が多く、同じく歯科医師、特に開業医はしたがりません。

理由は時間がかかるということと、腫れたとか痛くてご飯が食べられないとかロクなことがないからです。
でも全てはやり方とか訓練でうまくなるのです。

私などはまだ下手で時間がかかりすぎて経営上はやるべきではない処置の一つです。でも大学病院とか大きな病院での抜歯でも担当の先生の手技や経験にもよりますが、大きく歯茎をめくって骨を削るとか歯茎を切るとか、糸で縫合するとかするとどうしても腫れや痛みを防ぐことができないのです。

早く痛くなく骨も削らずに抜歯ができる方法はあるという事実。

私が初めてそのことを知ったのは、埼玉県にある歯科の医療法人渋谷病院(現、口腔研クリニック)院長の口腔外科の手技の論文と著書を読んだことがきっかけです。

歯を分割せずに歯茎を切りもせずに、又骨も削らずにそして糸で縫合もせずに、約10分以内に抜き去るという事を知り驚きました。でも研修を受けた全ての歯科医師は同じような結果になるという事実でした。

やはり弟子入りして体で覚えるしかないようですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真右下の簡単な親知らずを抜き痛くもなく腫れもしなかったので写真左の上下の親知らずを抜いてくれと土曜日に予約を取られて抜歯となりました。ただし、下の親知らずは見えないし、骨に囲まれているので、骨を削る可能性があり簡単でないこと、抜歯後腫れたり、痛くなることを通告して下の抜歯となりましたが、簡単にいかずに、結局歯茎を一部めくり、骨を一部削りそして歯の前の方を削ることにより

ようやく抜歯できました。異常に時間がかかってしまい感の鈍りや常に親知らずの抜歯をやり続けないとスキルは落ちるということを実感いたしました。(大体40分前後)
DSC_0154
簡単だった写真右の親知らず
DSC_0156

難しい写真左の親知らず
DSC_0157

抜歯後二日の患者さんのお口の中。あまり痛くない、腫れもあまりない、お口は開けられました。でも女性の場合は不満を漏らす方が多いのです。

縫合はしていません。
DSC_0149

DSC_0148

DSC_0147

DSC_0152

DSC_0153


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新丸子西口歯科はQ-lifeに登録しています。
株式会社QLife(キューライフ)に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらから
「川崎市の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ」
「顎関節症は新丸子西口歯科医院へ」
入れ歯のことなら入れ歯専門の新丸子西口歯科へ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・