川崎市 イサオ歯科クリニック 院長ブログ

川崎市中原区新丸子で開業している歯科医院の日常をお話しいたします。

2016年04月

入れ歯の講演会に参加し後で考えたこと。

2015年4月27日 の記事から

入れ歯の講演会に参加し後で考えたこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

義歯(入れ歯)の勉強会にあまり参加しなくなっていたのは、おそらく歯を失った後の事を考えても医学的に考えるとそれは歯科医師の敗北ではないかと考えていたからかもしれません。

...

歯科医師という職業は、お口の中に何か物をいれることによりお金を稼いでいるわけでこれを望んでいる人が果たしているのだろうかと考えるとそれは明白に違うと思うのです。


日本医師会のドンと言われた故武見会長は、歯科医師の事をなにやら冒涜する言葉を使い中医協での歯科医師の立場を殆ど無視していたようだったのです。


それは医師だけでなく普通の方の見方であり、病気を治すというより何か物を入れてお金をふんだくる商売人のような見方をしていたからではないかと考えられます。


ですが、医療性を持つ補綴物(差し歯や入れ歯)を考えるとやはりある程度難しいことでもあると現在は思っています。


そしてやがて口腔科という医師としての自覚を持てば、歯を削るという行為が傷害行為でありあまりすべきことではないというスタンスになります。


だからこそ虫歯という病気を完全に除去して再発させないようにしなければなりませんし、運悪く神経を抜かなければならないようになっていたとしても、抜かないで何とか神経を落ち着かせ痛みを止め、ある程度の時間をかけても神経を取らずに虫歯を治癒させる方法を取るべきではないか考えています。(注射をせずに慎重に虫歯をとるという行為、擦り取るような行為、無理をせずに鎮静させるセメントを使い半年後に再チャレンジして完全な除去をさせる)


そしてそれはある程度可能です。

だからこそ虫歯の取り残しによる進行した歯髄炎(歯がしみる、痛い)が怖いのです。


時間との関係もあるし、保険の評価がほぼないという健康保険上の問題もありますが、医師と考えれば虫歯を再発させるのは能力が無いと考えてもいいのです。


最近、金属が取れたとか詰め物が取れたという患者さんをみてまず疑うのは、虫歯というばい菌の取り残しなのです。


そして歯周病という病気に対しても殆どの人が罹患しているのにも関わらず検査も治療も受けていない事を憂います。


医療として歯周病を考えると、患者さんにただ磨いてくださいでは情けないというしかありません。ある程度正確な検査をして治療方針をたて説得することが必要です。


そして歯の数が少なくなればなる程、プラークコントロールといいまして病気の原因物質を除去するのが難しくなるのです。


だから、虫歯でもそして元に戻らない骨の吸収をきたす歯周病でも、ブラシによる効果的な方法をマスターさせないと大変なん事になるという事を理解させ、効果的な方法をやらせ続けさせることこそ大事なのです。


だからこれを自覚させてやらせる説得の技術こそが歯科医師の能力であるとさえ思われるのです。


人を説得することの難しさを痛感いたします。


と同時に医師が手放し、やることがなくなった口腔や顔面の病気の治療、骨折や急性外傷、のう胞摘出、奇形、唇顎口蓋裂(みつ口)舌痛症、顎不全症、口腔外科を専攻した方ならば悪性腫瘍なども除去したりしているわけですから、それに近い行為もできるような歯科医師を作り出せば、歯科の医師ではなく口腔科の医師として認識させるのではないかと思ってしまうのです。


こうなるとやはり医学部で教育を受けた人間が歯科をさらに専攻して、口腔科になるしかないような気もしますが、現実的には医学部を卒業して口腔外科を専攻する医師はいないようですから、歯科医師がなるしかないようです。


ヨーロッパでも以前は口腔科という科を専攻する医師もいたようですが、日本と同じように現在は殆どいないようです。

ですから日本では歯科医師が口腔外科を専攻しているのですが、問題は歯科一般への興味がないのかできないのか全てを網羅する能力を持つ方が少ないという事実です。


歯科医師から口腔科の医師へとパラダイム変換をできなければ、世間から評価されることは無いような気がしています。


病気を治すことこそ医師の務めでありその他の事は付属品に近いのですから。

矯正治療とは何か?


矯正治療とは何か?

 果たして専門医という方の能力はどうなのか?

私の知り合いで独学で矯正治療を習得した方も多いですし、口腔外科の博士号を持ち、留学もし、アメリカで補綴という普通の歯科医師がやる治療の勉強をやられた先生は、矯正治療というのは医療ではない!とお話しされていたのは、約20年前でした。

 ですから独学で矯正の勉強をされ歯科矯正の本さえも書かれています。

理屈から言えば、さほど頭を使うものではありませんし、医学的に言えば、歯学部で教えている歯科矯正学なるものは傷害行為以外の何物でもありません。頭部規格x線写真が必要か否かは参考にはなるかもしれませんが、専門医独特の考え方であり、医学的にはあまり治療には貢献しないのではないかと考えられます。

歯科矯正というものは、上顎の歯の並ぶ歯槽というものの長さと歯の幅の総計を測り、歯槽が短ければ歯を削るか、歯を抜く。

そして下顎も同じように長さを測り削るか、歯を抜く。そして綺麗な歯並びにしてから上下の歯を動かし手噛ませていくという、実に単純な行為に過ぎません。

ただ、骨格性の上下のズレが激しい場合は手術が必要です。その根拠となるものが頭部規格x線写真ということなのでしょう。

でも大体顔を見たらわかるようなものではないでしょうか?わざわざ被爆させてまでルーチンに調べる必要はあるのか?と疑問です。

又私たちが習った時の矯正装置と違い、今では装置そのものが簡単ですし、誰でもできる事ではないかと想像できます。

問題は矯正という行為が主に美容であり、かなりの傷害をきたすという認識を持ち、歯周病や虫歯にならないように歯髄が壊死しないように歯根という骨の中に存在する歯の部分が吸収しないように注意することこそ、医学的には重要ではないかと考えられます。

何故かと言えば、成人矯正した方の殆どの方に虫歯や歯周病の頻発、よく噛めない、歯が痛い、シミル、顎が痛いなど医学的に問題のある症状が多いのです。

ゆめゆめ治療などと勘違いせず、医学的にはかなり傷害を伴う美容という認識が必要なのではないかと思っています。

口腔科として歯科治療を見ると、医療としての、虫歯治療、歯周病治療、補綴治療、矯正治療しなければ、患者さんは病気を患い続けるのではないかと思ってしまうのです。

医学的に安全な矯正治療とは、少ない抜歯と、動いているより病気を起こさないうような経過観察、そして審美的な前の方だけを動かし奥の方をなるべく動かさない矯正、少々奥歯に隙間をきたしても無理に動かしてよく噛めないというような傷害を起こさない方法のほうが、患者さんの理解を得られるならばその方が良いのではないかと思うからです。

幾ら矯正してもいずれ歯並びがずれてきて隙間が空いている患者さんを沢山見ているからです。

http://www.j-cast.com/tv/s/2015/04/21233563.html

歯科矯正は傷害行為であり注意しなければなりません。

歯科矯正は傷害行為であり注意しなければなりません。

歯科でやることは医療行為は少なく、どちらかといえば傷害行為が多いのです。ですから慎重にしなければなりません。

傷害行為といえば、医師ではできない歯科矯正という分野があります。歯学部というのは、すべての大学の大学教育を熟知しているわけではありませんから断言できませんが、大学を卒業しても殆ど診療をできない行為の一つに歯科矯正という分野があります。

今と違い、
私が学生の頃は、ミリ単位の金属の屈曲などをやれる能力が必要というほど、手先の器用さと複雑なレントゲン読影や様々なデータを取る能力が必要とされて、大学卒業後数年間を修業して初めて臨床を一人前に出来るという具合で特殊なものとされていたのです。
だから麻酔科とか特殊な分野を専攻してから一般歯科をやるようになった私にとり、毎日の治療の為の勉強に忙しく、矯正など勉強する時間もなかったという状況でした。

ところが、独学でやる人や講習会という10回コースや20回コースなど矯正の講習会を受けて始める方もいて簡単そうではないかという気持ちになっていったのです。

噛みあわせや入れ歯の安定の為の咬合という事を考えるようになると、歯を動かすという事に強い違和感があったのです。

そして咬合という基本的な顎の関係を無視して歯を動かす事への強い疑問をもったものです。

生体の持つ上下の噛みあわせや前歯のこすり合せは、簡単に変えれるものではなく見た目にきれいに並んでいても元々の噛みあわせとの調和がなければ必ず元に戻りやすいし、何本かの歯を抜いている訳ですから隙間ができる事になりやすいのです。

注意しなければならないのですね。

歯科矯正は傷害行為であり、限りなく美容行為なのです。

写真の方は某有名な矯正専門医(高額有料でテクニックを同業者に教えるぐらいの方です。)で成人になってから矯正をする為に健康な歯を4本抜いた方の上下の写真です。後戻りといって昔の歯並びに戻らないために金属の紐のようなもので固定しているものです。

ところが健康であった残存している歯の傷害がひどく驚いた症例でした。これは珍しい事ではなく、歯科矯正に伴うリスクともいえるのです。口腔科と考えるとかような傷害を最小限にする事こそ医師の見識ではないかと思えるのです。

続1)歯科矯正は傷害行為であり注意しなければなりません。
 写真の右下の6才大臼歯は、神経もなく歯周病も重症化し、且つヒビが入っており抜歯しかないと宣告され訪ねてこられました。
自信はありませんがと断りながら治療を始めました。ところが歯の真ん中の根分岐部の歯周病が治らず約1.5年後にやっと大丈夫となりセラミックを被せなおしたところです。
 特に大臼歯の一本の歯の間を歯周病で侵されると予後不良、早期に抜歯や脱落となりやすいのです。
DSC_0465














DSC_0025 (2)














DSC_0027 (2)














続2)歯科矯正は傷害行為であり注意しなければなりません。
 数年後の左下6才大臼歯の現在です。
DSC_0429














DSC_0431


























































虫歯で痛いという方の安全な治療方法について

虫歯で痛いという方の安全な治療方法について


痛いとかシミル場合は、歯髄炎ですから神経を取らなければならない事が多いのですが、この治療こそ失敗が多く患者にとり最悪ではないかと思ってしまう処置なのです。

    注射をしない。一流の歯科医師や大学で虫歯などを専門とする先生は、殆ど注射などせずに虫歯をとります。ただし症状がない場合の話ですが。私の場合、どんな場合でも注射することにより歯の神経を傷つける可能性が高いという理由で使わなくなりました。

シミテいて歯髄炎を起こしている場合でもそうです。


    そっとこすりながらばい菌の塊である虫歯という病巣を取り除く。


    これ以上除去すると歯髄を損傷する可能性を疑われる場合は消毒して鎮静効果の高いセメントや薬剤を調布して様子を見ることです。かなりの確率で治癒いたします。


歯が痛い、シミルということでかなり遠方から。大体JRで二時間ぐらいの藤沢という都市からの患者さんでした。何故か知りません。彼女がhomeopathyremedyを使っているからという単純な理由のようでした。


やはりかなり虫歯がひどく歯髄炎を起こしているので、滅菌に注意してそっと虫歯を除去して、ぎりぎりのところまで除去しました。でもかなり歯髄(神経)に近いのでここであきらめて消毒、そして痛み止めのセメントを調布して数か月様子を見ることになりました。


だから数か月に一度チェックだけして経過観察です。治療は今回の一回でいったん終了になりました。おそらく半年から一年ぐらいの間を開けないと歯髄の鎮静化と第二象牙質の形成は難しいのです。


その後最後の仕上げで残存している虫歯の取りのこしを摘出するのです。

DSC_0418
















DSC_0425
















DSC_0426
















DSC_0428










































 

 

 

 

 

 

 

問題ある治療法について、非科学的危ない治療法を推し進める危なさについて

あるh.p.作成業者からかってに送られてくる営業メールから

問題ある治療法について、非科学的危ない治療法を推し進める危なさについて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○○歯科 松下勲夫 様
昨今、敏感な患者さんの増加とともに、
補綴治療後に痛みや噛み合わせの不具合が生じたり、

矯正治療後に顎関節症を発症したりと、
咬合にまつわる解決が難しい症例が増加傾向にあります。

顎関節症の不定愁訴と呼ばれるさまざまな症状が、
正しい噛みあわせの知識と技術で
良好な治療結果が得られるのであれば、

悩んでいる患者さんほど
是非治療を受けたいと思うでしょう。
==================
噛み合わせ治療の自費専門医院
==================
顎関節症など噛み合わせ治療を求める患者さんが
全国から口コミで集まる、

○○○区○番町の○○デンタルクリニックという医院があります。

多くの歯科医院がホームページ上で噛み合わせ治療を標榜する中、

院長 ○○先生は10年以上に及ぶ研究と、自身が顎関節症になった経験から、

着実に相談に来た患者様の症状を改善し
自由診療のみで経営を続けてきました。
今回デジタルワンからは、
そんな○○先生の噛み合わせ治療のポイントや症例、
現在の診療スタイルを実現できるに至るまでの歩みを学べる
セミナーをご案内致します。

正しい噛みあわせの採得法と、顎顔面および頚部の筋肉の緊張と全身のゆがみとの関係、
そして咬合の治療で何故さまざまな症状が治るのかをわかりやすく解説いたします。
開催が近くなりますと、当社の受け付け対応が遅れる可能性がありますので、
お早目のご応募をお待ちしております。

下記リンク先よりお申込み頂けます。

弊社からご迷惑になるような営業行為は一切行ないませんのでご安心下さい。
同業他社様の参加はお断りしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【タイトル】
○○株式会社主催
○○志先生 基調講演
「噛み合わせ・顎関節治療による
自由診療完全移行までの道のり」
【開催日時・場所】

東京 スタンダード会議室 赤阪サロン店
2016
417日(日)12:5018:00(受付:12:30〜)
【定員】
 20
【参加費用】
 無料(歯科医院様限定)
【参加特典】
近隣の競合医院との比較資料(2万円相当)をプレゼント
今すぐこちらからお申込み頂けますお電話でもご応募可能です。

TEL:03-3235-1101(平日のみ 担当:鎌田)


→ある患者さんからのメールより

--------------------------<登録内容>--------------------------
お名前 : ○恵○子
郵便番号 : 210-0848
ご住所 : 神奈川県川崎市 
FAX番号 :
メールアドレス :
メールアドレス(確認用) :
ご相談内容 : はじめまして。

寝ている時の食いしばりと歯ぎしりに悩んでいます。

10
年程前に歯医者さんで初めて診断されたのですが、最近では症状が悪化し日中生活にも支障が出ています。

マウスピースを装着し寝ていますが、出来ればその行為自体を改善したくご相談させていただきました。

可能であれば、今週末土日で診察を受けられれば嬉しいのですが、空き状況を教えてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歯科医師のやることは殆ど傷害行為ですから、歯をいじるという事はあまりよろしいことではありません。医療行為ならば法的には医学部を卒業した医師ならばやってもよろしいのです。


それは、虫歯の治療、歯周病の治療、歯の神経の治療、抜歯、口腔内のありとあらゆる病気に対する治療。


出来ないことは医療行為ではない、補綴(被せたり詰めたりすること。入れ歯を入れる事。インプラントを入れることもそうかもしれません。)や歯科矯正治療などです。


ですから普通の方のイメージでは歯医者のやることは何かを被せたりすることですから医療行為をやっているのではないのです。


歯をいじり噛みあわせを変える事により顎関節症を治すとして治療した沢山の患者さんを診てきましたが、当然治らないから当方の診療所に来たわけです。


数年の補綴治療をやり、矯正をやり進展するどころかますます酷くなった方ばかりです。顎関節症の治療よりどうしたら噛めるようになるのかその方が問題あるかたばかりでした。

残念ながらそういう方の治療はやった経験はありませんが、やり始めるとかなりの時間と費用が掛かるのは必須なのです。


逆に歯科医師にいじくられてない方は殆ど一回で症状の回復をきたしたり、又自分で治すこともできるのです。

心身症とか自律神経失調症と思われる方を顎関節症と思ってしまう事は多いようですし、そもそも顎関節症という診断名は廃止すべきではないかと思っています。


余計な事をする医原性の病気に注意しなければなりません。