あるh.p.作成業者からかってに送られてくる営業メールから

問題ある治療法について、非科学的危ない治療法を推し進める危なさについて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○○歯科 松下勲夫 様
昨今、敏感な患者さんの増加とともに、
補綴治療後に痛みや噛み合わせの不具合が生じたり、

矯正治療後に顎関節症を発症したりと、
咬合にまつわる解決が難しい症例が増加傾向にあります。

顎関節症の不定愁訴と呼ばれるさまざまな症状が、
正しい噛みあわせの知識と技術で
良好な治療結果が得られるのであれば、

悩んでいる患者さんほど
是非治療を受けたいと思うでしょう。
==================
噛み合わせ治療の自費専門医院
==================
顎関節症など噛み合わせ治療を求める患者さんが
全国から口コミで集まる、

○○○区○番町の○○デンタルクリニックという医院があります。

多くの歯科医院がホームページ上で噛み合わせ治療を標榜する中、

院長 ○○先生は10年以上に及ぶ研究と、自身が顎関節症になった経験から、

着実に相談に来た患者様の症状を改善し
自由診療のみで経営を続けてきました。
今回デジタルワンからは、
そんな○○先生の噛み合わせ治療のポイントや症例、
現在の診療スタイルを実現できるに至るまでの歩みを学べる
セミナーをご案内致します。

正しい噛みあわせの採得法と、顎顔面および頚部の筋肉の緊張と全身のゆがみとの関係、
そして咬合の治療で何故さまざまな症状が治るのかをわかりやすく解説いたします。
開催が近くなりますと、当社の受け付け対応が遅れる可能性がありますので、
お早目のご応募をお待ちしております。

下記リンク先よりお申込み頂けます。

弊社からご迷惑になるような営業行為は一切行ないませんのでご安心下さい。
同業他社様の参加はお断りしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【タイトル】
○○株式会社主催
○○志先生 基調講演
「噛み合わせ・顎関節治療による
自由診療完全移行までの道のり」
【開催日時・場所】

東京 スタンダード会議室 赤阪サロン店
2016
417日(日)12:5018:00(受付:12:30〜)
【定員】
 20
【参加費用】
 無料(歯科医院様限定)
【参加特典】
近隣の競合医院との比較資料(2万円相当)をプレゼント
今すぐこちらからお申込み頂けますお電話でもご応募可能です。

TEL:03-3235-1101(平日のみ 担当:鎌田)


→ある患者さんからのメールより

--------------------------<登録内容>--------------------------
お名前 : ○恵○子
郵便番号 : 210-0848
ご住所 : 神奈川県川崎市 
FAX番号 :
メールアドレス :
メールアドレス(確認用) :
ご相談内容 : はじめまして。

寝ている時の食いしばりと歯ぎしりに悩んでいます。

10
年程前に歯医者さんで初めて診断されたのですが、最近では症状が悪化し日中生活にも支障が出ています。

マウスピースを装着し寝ていますが、出来ればその行為自体を改善したくご相談させていただきました。

可能であれば、今週末土日で診察を受けられれば嬉しいのですが、空き状況を教えてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歯科医師のやることは殆ど傷害行為ですから、歯をいじるという事はあまりよろしいことではありません。医療行為ならば法的には医学部を卒業した医師ならばやってもよろしいのです。


それは、虫歯の治療、歯周病の治療、歯の神経の治療、抜歯、口腔内のありとあらゆる病気に対する治療。


出来ないことは医療行為ではない、補綴(被せたり詰めたりすること。入れ歯を入れる事。インプラントを入れることもそうかもしれません。)や歯科矯正治療などです。


ですから普通の方のイメージでは歯医者のやることは何かを被せたりすることですから医療行為をやっているのではないのです。


歯をいじり噛みあわせを変える事により顎関節症を治すとして治療した沢山の患者さんを診てきましたが、当然治らないから当方の診療所に来たわけです。


数年の補綴治療をやり、矯正をやり進展するどころかますます酷くなった方ばかりです。顎関節症の治療よりどうしたら噛めるようになるのかその方が問題あるかたばかりでした。

残念ながらそういう方の治療はやった経験はありませんが、やり始めるとかなりの時間と費用が掛かるのは必須なのです。


逆に歯科医師にいじくられてない方は殆ど一回で症状の回復をきたしたり、又自分で治すこともできるのです。

心身症とか自律神経失調症と思われる方を顎関節症と思ってしまう事は多いようですし、そもそも顎関節症という診断名は廃止すべきではないかと思っています。


余計な事をする医原性の病気に注意しなければなりません。