神奈川県川崎市の歯科、イサオ歯科クリニックです。

2015/11.14.(土)


約一年かけて残存している歯の治療、その完成から連続する噛める、痛くない、発音を阻害しない入れ歯ということでかなり遠方から月に3回程、家族の仕事の都合で土曜日しか来れない方の最後の来院でした。

と申しましても上はたったの2本、下も数本という次第ですが。

......................................................................................................................
歯の治療とは、何かを被せる事ではなく、病的な歯の中の治療や歯周病を治す事が、肝心要の柱なのです。その後破折しないように、バイキンが顎の中に侵入しないように、そして中には綺麗な色にしてほしいという要望をかなえる為にやる行為です。


そして入れ歯とは、入れ歯が入り残存している歯を守りながらなんでもよく噛め、痛くなく永遠に使える事を目的に作成するものなのです。


病気を健全な状態にするのもケースにより難しく一本の歯の治療で毎回、一時間をとり数か月時間を費やす方もいて悩ませられるのです。(保険では大赤字ですよ!)


ましてや痛くないのに何回も何回もかかるこの歯の中の治療に我慢できずに、すぐ被せてくれる診療所に行ってすぐ被せたところ又痛くなり、同じことの繰り返しの方の多いのに辟易致します。


基本的に病気を治すのは難しく、虫歯さえ取り切れていないケースも多く、ましてや神経の処置は誰がやってもperfectという自信を持つ歯科医師は稀有ではないかと思います。


そしてかような治療をほぼperfectにしている歯科の病院や診療所を知り、勉強会に参加したのが運のつき(笑い)全く稼げなくなってきたのです。

一日10人前後しか治療しないようでは、保険診療ではつぶれます。(笑い)

しかし、アメリカで見た歯科医院でも大学の歯科治療でもこれがごく普通の姿なのです。


歯を削り、何か物(差し歯、冠、入れ歯、インプラント)を入れるしかお金を稼げない歯科では、あるいは歯を抜いたりして歯を動かし、見た目にそろった歯並び矯正という傷害行為をやるしか稼げない現在では、口腔内はどんどん破壊され、年中歯科医院通いになりやがてすべての歯を失うという現実を見ますと、


歯科でやる行為は、主に破壊行為であるからなるべく神経を抜かない処置や歯ブラシの使い方を丁寧に教え、実践し病気にならない習慣をつけさせることこそ医療として認知される術ではないかとおもってしまうのです。


現在はすべてではありませんが、主に前歯を中心にたとえ死んだ歯でも削り被せずに補強して詰めてしまうだけの処置が多いし、何十年も破折せずに過ごされている方も多いのです。

冒険的ですが、患者負担が多い削り何か被せる事に疑問を持ち長く長く虫歯にも歯周病にもならずに済ませてあげる事こそ、医師すなわち口腔科の医師としての考え方なのです。

審美歯科などの傷害行為あるいは美容的な歯科矯正などは、見た目よりあるいは同業者の評価を気にし過ぎて、見た目だけの写真での見栄映えするだけの治療が多いように思います。


傷害行為ですから、傷害はより少なく、虫歯にならないように歯周病にならないように、顎の周りの筋肉や関節に問題を起こさないすることこそ医師ならば大事な視点ではないかと思ってしまうのです。


私も一度治療したら二度と悪くならない、入れた差し歯や入れ歯などは二度と作り直しなどせずとも済むようにしています。


現実には、保険制度という低廉費の制度の為に思うようにいかない事もしばしばですが、口の中の病気を治し、さらに医療性の高い矯正や美容をし今では専門科となった口腔外科領域(舌、顎骨、顎の筋肉、唾液腺、のう胞、広範囲な炎症治療、悪性腫瘍治療)有病者に対する治療などをやれる口腔科の医師に進化しない限り、どんなにあがいても社会的評価があがるとは思えません。

医師の方で口腔の病気を治す口腔外科を専攻する方が皆無になった現在では、かっては職人であった歯科医師(dentist...医師という意味合いは皆無、歯の職人という意味しか持たない)が、口腔科の医師としての能力を持つしかないと痛切に感じています。


必要なものは、職人プラス限定的医師の能力とでも言えますでしょうか。


患者が歯科医院に通いながらやがて歯がダメになる事に疑問を持たない歯科医師が多いことに、いつも残念に思っているのです。


ま、それで生計を立てられるならさらにいいことではありますが。

故に保険医を辞退して自由診療にするしか満足する人生は送れないと思う日々です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


修理しながら使っていただいた古い義歯です。散々文句を言われながら修理しながらの治療にかなり悩みました。修理したところで根本的に問題があれば修理しても満足させられないからです。

上の歯は前歯2本だけ、下の歯も数本だけしか残っていないわけですからよく噛めるというのは難しいのです。
DSC_0267














DSC_0266














新しく作成した部分的入れ歯です。下の入れ歯ですが奥の方が大きく拡大しています。ここを痛くなく
拡げたものを作らないとここでしか噛む力を支える骨というか部分はないのですね。ここを綺麗に再現していればの部分としなければ安定しません。普通印象という歯型を取る時にうまくここを再現できないと安定して良く噛める入れ歯とはならないのです。(頬棚の部分の印象採得と言います。
DSC_0010














真ん中を大きく開ける事によりそして前歯のところを解放することにより発音と異物感の減少を期待できるのです。
DSC_0011














DSC_0030














DSC_0033














DSC_0034














家族の方が記載してくれたお母様の感想です。ご本人の見た感想も記載されています。

DSC_0269




























..........................................................................
211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A 
イサオ歯科クリニック
松下勲夫


イサオ歯科クリニック
はQ-lifeに登録しています。

株式会社QLife(キューライフ)に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらから

「川崎市の入れ歯ならイサオ歯科クリニックへ」
「顎関節症はイサオ歯科クリニックへ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TM瞑想
http://tm-meisou.jp/
内観法
http://www.shirokanedai-naikan.com/about/
井穴頭部刺絡療法(自律神経免疫療法)
http://www.geocities.jp/seiketusiraku/
日本ホリステック医学協会
http://www.holistic-medicine.or.jp/
日本ホメオパシー医学会
http://www.jpsh.jp/
NLP
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E8%A8%80%E8%AA%9E%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0 

 お金の悩みに関しては
バリの大富豪((笑))に聞きましょう!
http://anikiwakyo.jp/
****************************************
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・