神奈川県川崎市の歯科、イサオ歯科クリニックです。

2014.11.05.

病気の治療の結果に関して

0ベースで考えることの重要性
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歯科は病気などを殆ど扱わない職種であり、むしろ破壊的行為が多いので注意しなけらばならないと私は考えています。


神経を取るとか、削り何か物(金属、セラミック、非金属)を入れること、美容あるいは掃除をしやすくする為の矯正治療)を治療と考えるのは、医学的におかしいのです。


これは傷害行為、外科の手術と同じですかね。でも違いは外科の手術は、傷害行為としてもそれは病気を治癒させるための行為ですから社会的にも許されていてむしろうまい方は、尊敬の対象になります。


ところが、歯科で何かをやればやるほどお口の中に問題を起こすことを誰しも薄々感じています。それは医療行為が少ないからです。


ですから、そう思うようになってから殆ど被せることが少なくなり経過観察していると、病気で歯や歯肉に問題が起こらなくなってきました。(でも経営は厳しいの一言です。苦笑い)


その前提として、いかにブラシでお口の中を綺麗に衛生状態をよくするか、ですから患者さんの清掃能力をいかに高めてもらうか、そこしか解決の方法がないことに気ずいたのです。(プラークコントロールの重要性)


ところが今の健康保険制度では、単価が低く病気を治さず、そして患者に衛生指導も徹底せずすぐに何か物を入れないと経営ができない制度になっているんですね。


昔、アメリカ歯科界から咬合という概念が輸入され、何か物ばかり入れて患者さんにアピールすることができない日本の歯科医師はこれに飛びつき、いかにも科学的な治療だと宣伝し健康な歯を削り理想的なかみ合わせにしなければ問題が起こるとか何とか説明し、非科学的な物(補綴物、金属やセラミック)を入れて全国でトラブルを起こしてきました。


代表的な概念はgnathology(ナソロジー)という考え方でした。顎の関節を起点にかみ合わせを作るという機械工学的な発想です。

でもそのためにすでに存在する金属やセラミックなどを変えるぐらいならまだよかったのですが、健康な歯まで形を変えてしまい、患者さんは、歯は痛いしよく噛めないという結果になる人が多くて訴訟にもなった事があるのです。


gnathology(ナソロジー)は、噛むところがない総義歯や上下の歯が少なく噛んでいるところがない患者に義歯(入れ歯)を作る時に使う上下のかみ合わせを調べる為の方法であり、歯が上下で噛んでいるところが存在している方に使うものではないのです。

未だにその咬合という非科学的な方法にとらわれて金属やセラミックを作られる方もいて困惑いたします。


ある程度は理解できますが、そのような事もせずに仮の歯を入れておき、経過を観察し問題がなければ似たような形にすれば患者さんに不快感も機能的に問題もなく噛めてトラブルも起きないのです。

高額な全調節性咬合器や半調節性咬合器という機械も使う必要もなく(昔は数百万や数十万していた記憶があります。)、簡単な(数万円から数千円)咬合器でも出来上がりはあまりかわらず、極端に言えば仮歯の模型さえあればなんとか機能的に問題ないものは作れるのです。


私はその高価な咬合器や廉価な咬合器で実際作成したことがあり、変わらないという感覚を持っています。

アメリカ発の歯科での概念や方法論は注意した方が賢明だと思うようになりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

株式会社QLife(キューライフ)に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらから

「川崎市の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ」
「顎関節症は新丸子西口歯科医院へ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
****************************************
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・