神奈川県川崎市の歯科、イサオ歯科クリニックです。

2014.9.14.

難病を簡単に治す治療法の研究会に参加いたしました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
難病といいましても癌とかではないのですが、重症の病気ですし、日常苦労する症状を早く安く何とかする方法です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


防衛医科大学卒業現在仙台で堀田修クリニック開業の堀田修先生(世界で初めて口蓋扁桃摘出術、ステロイドパルス療法で腎臓透析寸前のIGA腎症といわれる難病をいとも簡単治癒させる)


そのもとになった忘れ去られ無視され続けた鼻咽頭の点であるBスポット刺激療法の開発者東京医科歯科大学卒業の耳鼻咽喉科、82歳の谷俊治先生。同じく札幌医大卒の耳鼻咽喉科の形浦先生、福岡市の難病治療で有名な未来クリニックの今井一彰先生、


歯科医で名古屋開業の皮膚科や金属アレルギーによる疾患治療で有名な押村先生

そして自分で不愉快な症状を何とかする方法を教えていただきました。


それは、どこの診療所でもなかなか改善しない症状、例えば目の周りの症状であり、顔面の痛みや症状であり、私も苦労している頭痛や首、肩の慢性的痛みやコリなどなのです。当然耳鼻咽喉科の病気にも頻繁に使われ効果を発揮します。


教えていただいたのは、谷俊治先生で、患者デモを拝見させていただきました。何度も診療されている練馬の歯科衛生師の方が患者となり、もう一人は初めての勇気ある(笑い)患者さんでした。何とか治療を受けようとしましたが、経営セミナーでもないので冒険は慎みました。(笑い)


でもしぶとく狙いを定め衛生士さんにアプローチ、そして帰る谷先生にへばりつき媚び(笑い)を売りながら手ほどきを質問しようといたしました。でもすぐに駅に着きそこまで。


練習はこれからです。診療所に帰り自分の体で練習です。そして患者さんに教えるのです。


「人生の秘訣は与えること」他人さまの幸せを願う事、懺悔として普段のぞんざいな対応を反省し少しばかりでも罪を滅ぼしになるかもしれません。


あとは悩みを解決する為の知恵をつけるしかありません。お金、人間関係、仕事、法律などなど。


備忘録

谷先生
4%キシロカイン、1%塩化亜鉛等量混和

田中亜矢樹先生 精製水により希釈0.1%よりスタート、最終的には1%
塩化亜鉛単独とのことです。迷走神経反射を避ける為だそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 株式会社QLife(キューライフ)に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらから

「川崎市の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ」
「顎関節症は新丸子西口歯科医院へ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
****************************************
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・















































































































































































 


 


 


 




難病を簡単に治す治療法の研究会に参加いたしました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
難病といいましても癌とかではないのですが、重症の病気ですし、日常苦労する症状を早く安く何とかする方法です。

防衛医科大学卒業現在仙台で堀田修クリニック開業の堀田修先生(世界で初めて口蓋扁桃摘出術、ステロイドパルス療法で腎臓透析寸前のIGA腎症といわれる難病をいとも簡単治癒させる)

そのもとになった忘れ去られ無視され続けた鼻咽頭の点であるBスポット刺激療法の開発者東京医科歯科大学卒業の耳鼻咽喉科、82歳の谷俊治先生。同じく札幌医大卒の耳鼻咽喉科の形浦先生、福岡市の難病治療で有名な未来クリニックの今井一彰先生、

歯科医で名古屋開業の皮膚科や金属アレルギーによる疾患治療で有名な押村先生

そして自分で不愉快な症状を何とかする方法を教えていただきました。

それは、どこの診療所でもなかなか改善しない症状、例えば目の周りの症状であり、顔面の痛みや症状であり、私も苦労している頭痛や首、肩の慢性的痛みやコリなどなのです。当然耳鼻咽喉科の病気にも頻繁に使われ効果を発揮します。

教えていただいたのは、谷俊治先生で、患者デモを拝見させていただきました。何度も診療されている練馬の歯科衛生師の方が患者となり、もう一人は初めての勇気ある(笑い)患者さんでした。何とか治療を受けようとしましたが、経営セミナーでもないので冒険は慎みました。(笑い)

でもしぶとく狙いを定め衛生士さんにアプローチ、そして帰る谷先生にへばりつき媚び(笑い)を売りながら手ほどきを質問しようといたしました。でもすぐに駅に着きそこまで。

練習はこれからです。診療所に帰り自分の体で練習です。そして患者さんに教えるのです。

「人生の秘訣は与えること」他人さまの幸せを願う事、懺悔として普段のぞんざいな対応を反省し少しばかりでも罪を滅ぼしになるかもしれません。

あとは悩みを解決する為の知恵をつけるしかありません。お金、人間関係、仕事、法律などなど。