神奈川県川崎市の歯科、新丸子西口歯科です。
2013.7.31.

医療行為ができない歯科医師。
.........................................................................................................................
医療行為ができない医師や歯科医師は沢山います。それは私も含めてかもしれません。

歯科で行われている歯を削るとか、詰めたり、差し歯、入れ歯を入れる、矯正することなどは医療行為ではありませんから、やればやるほどお口の中には異物があふれて病気になりやすいのです。

では、歯科での医療行為とは?何かと言えば、虫歯を取る(なるべく神経を損傷しないように除去すること。取残しが多くてこまりますが)、神経を除去した後に歯の中を無菌的にして傷害を取り除く。歯周病を治すことなどが医療行為の代表です。又手術をするときにいかにして痛くなく終わらせるかこれが大事なのです。

ところがこれが意外と出来ていないのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

半年ぐらい神経の再治療をしているけれど、いつまでも痛みが取れず転院となった患者さんです。

下顎の奥から二番目の歯です。近くの駅前の年中無休の歯科医院で再治療を開始したのですが毎回の治療時間は短く回数ばかり長く経過しても痛みが取れないということでした。
DSC_0448













歯の間の欠損がひどくそのまま治療?してもバイキンの侵入を防げない状態でいじっていたようでした。無菌的処置はできませんね。
DSC_0449













初日は予約時間を遅れてきたのでマトモな治療はできませんでした。とりあえず隣の歯との間を接着剤やプラスチックで閉鎖して無菌的処置ができるようにして歯の中を少しだけ処置しました。歯の中に入れてある綿花に付けてある薬はひどく刺激的な薬で,これだと痛みが出やすいので洗浄いたしました。そして強い痛み止めを入れました。

二回目にお聞きしたところ前回楽になったようでしたが、依然として触ると痛みが続くのです。なんとか我慢してもらい歯の中を掃除する金属のドリルのような物を挿入して歯の中の汚染された領域の長さを測定いたしました。その結果、かなり健康な骨の一部(歯根膜)を傷つけていることが判明し、その部分に強い消毒薬(FCかな?)が作用したことによる薬剤性の歯根膜炎症と判断いたしました。治療は医療行為ですから医学的判断が最も重要なのです。時間がかかるのです。予約制の意味はこういうところにあります。
DSC_0450














DSC_0465 (2)













隣の銀歯との間を接着剤とプラスチックで閉鎖いたしました。
DSC_0464













下記は別の方の例です。痛みが止まらないので当方に転院されました。

301b268b-s[1]













虫歯が存在している状態(歯の中の茶色い部分)で治療?していたようで無理なことですね。
c3519e62-s[1]













虫歯を除去してから壁を作りバイキンが入らないようにそして薬がもれないようにしました。
060e76c4-s[2]













別の患者さんですが、ゴムで隔離して滅菌消毒を確実にしています。
7b43f6d7-s[1]














07e34ee9-s[1]














下記の方は、今回急患で来られました。数ヶ月間経過してそれなりに治療をしていますがいつまでも治療を繰り返しているということでした。

DSC_0431













はずした仮歯です。
DSC_0454














DSC_0455













歯の中が大きく削られているようで破切していないか心配いたしました。
DSC_0451














ものすごく大きく削られてビア樽のような歯の状態です。治療の為か金属の芯棒を入れたためかとても若い時期で神経が大きい時に神経を除去したのかまだよくわかりませんが、こういう歯は、予後がとても悪く数年で破切して抜歯になることが多いのです。歯は何回も治療できないし、回復はしないのですね。せいぜい数回の再治療が限界なのです。
DSC_0452













歯の形を作り見た目におかしくないようにして治療すれば感染して病気が治癒しないという事はないのです。まず歯の形をプラスチックで作成して歯につけます。そして穴を開けてから治療を開始します。そうすれば仮歯の出し入れによる感染が防げるのです。仮歯そのものが病気の治癒を妨げているのですね。DSC_0458














かなり根先が破壊されていて、何回もいじることが治療ではなく感染をおこし病気が治らない理由だと判断できました。健康な歯の根先が破壊されていてバイキンや不潔な歯の中のゴミが歯根膜という部分を刺激しやすくなっていました。だからいつまでも治療が終了しないのです。このような場合確定した長さを掃除して鎮静剤と傷を修復する薬を入れてしばらく“触らないこと”が重要なのです。何度も不潔な状態でほじくる為にいつまでも治癒しないのです。

DSC_0457













下記のようにまず見た目に綺麗なプラスチックで歯の形を再現してから治療を開始してあげれば患者さんは抵抗なく治療を続けられます。保険では無料でしかできないので患者さんと相談すればいいのです。無料でやることもありますが、ある程度の料金はいただかないとできないですね。

20年以上前に治療した歯ですが、被せることもなく神経除去後プラスチックで埋めて様子を見ていたら20年以上経過したという訳です。「歯は触らない方がいいことがわかりますか?」

1c81d8b6-s[1]













歯の真ん中をくり抜いて治療しています。
a4e7d03f-s[1]














f8336682-s[1]














4e36cd58-s[1]














a535535b-s[1]













最近下顎の横向きの親知らずを抜歯された方です。感想をいただきました。いつもこういう結果ではありませんが、努力すればこういうことも可能になります。

Image0005






































・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新丸子西口歯科はQ-lifeに登録しています。
株式会社
QLife(キューおゆライフ)に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらから

「川崎市の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ」
「顎関節症は新丸子西口歯科医院へ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
****************************************
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・