神奈川県川崎市の歯科、新丸子西口歯科です。
2013.7.28.

新しい骨吸収阻害薬デノスマブ(denosumab)の作用と顎骨壊死について

骨粗しょう症や転移性骨腫瘍などの骨量減少を伴う疾患に対して使用される(特に大腿骨骨折予防のために使われるようになった。)
BP(bisphosphonates)製剤とともによく使われるようになってきたデノスマブ(denosumab)

どちらも歯科の外科的治療後に顎骨壊死(骨が腐る事)が起こる確率が高いと問題になっている。

当院でも乳癌患者の手術及び抗がん剤治療後の方で、歯周病から歯の周り骨が腐骨化して
骨が歯の周りからハゲ落ちて歯がグラグラになった方が来院されました。中々治療方法がなく下手に除去すると治りが悪いのです。経過を観察するぐらいしか処置はできないようです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新丸子西口歯科はQ-lifeに登録しています。
株式会社
QLife(キューおゆライフ)に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらから

「川崎市の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ」
「顎関節症は新丸子西口歯科医院へ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
****************************************
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・