神奈川県川崎市の歯科、新丸子西口歯科です。
2013.4.27.

今も昔も歯科治療は物を入れることしか評価はないのですが、これは病気と関係ない非医療行為なのです。やればやるほどお口の中に問題を起こすことを理解できない歯科医師と患者がいる限りどんなに過当競争が起きようが病気から逃れられないのです。

病気を治し、病気を予防させることは意外と難しく保険の治療の評価で治癒させられると考えている専門家はいないのではないかと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.e-jhm.jp/modules/jhm/index.php?page=article&storyid=845
歯科医院の過密・過剰の状態が大都市部から地方都市、さらには都市周辺部へと広が
りつつある。一方で歯科医院経営は、二極化すなわち成功している歯科医院とそうで
ない歯科医院の状態が明確になり、歯科医師なら誰でも社会的な成功を収めるという
旧来のスタイルが通用しなくなった。さらに、国は財政状態の悪化から健康保険制度
における国の負担を圧縮、削減し、歯科においては診療報酬のマイナス改定とレセプ
トの審査強化、高点数指導の導入・強化していることから、もはや保険診療だけでは
医院の経営、運営は成り立たない。
とりわけ歯科医を苦しめているのが「高点数指導」で、保険請求で高点数を出す歯科
医院を集団あるいは個別に指導・監査して、高点数を理由に不正、水増し請求の温床
と決めつけ「疑わしきは罰する」姿勢を強めている(臨床現場では患者の便宜をはかる
目的で複数の歯科治療を同時に行う結果、高点数請求となるケースもある)。こうした
中、数年前から歯科診療の新たな治療範囲として、ヒアルロン酸注入によるしわやた
るみ、張りを改善する診療術が投げかけられ、多くの歯科医がこぞってこの施術を学
び、導入し始めていることは周知のとおりだ。そして歯科経営改善の打開策として
「起死回生の治療スキル」は瞬く間に、広がる。
しかし、JHM本紙では先ごろ医師法に精通する弁護士を介して、厚労省の担当技官(歯
科医)に、施術の核心ともいえる医科、歯科を巡る「治療範囲」について説明を求めた
ところ、歯科医が行う口唇周辺のヒアルロン酸治療は違法であるとの見解を得た。担
当技官からは「認められるのは唇のみ」として、かねてから議論のあった口唇周辺は
クロとなる。「唇」部位に対して美容目的での施術であっても、歯科医に許されてい
る歯科医業の範囲であれば歯科医師としては禁止されない、としている。

ここでいう範囲は、平成8年「歯科口腔外科に関する検討会」で明文化された口腔外科
の診療領域に限られることはいうまでもない。つまりほうれん線(鼻唇溝)など口唇周
辺は口腔領域を超えるものと解釈された。ただ示されている口腔外科の診療領域が、
口角から刺針し口腔内の内側からヒアルロン酸を注入しほうれい線の治療を行う行為
を認められるか否か?は、見解の分かれるところ。JAASでは先述の弁護士からの正式な
意見書を待って、会としての正式な見解を発表することになる。


(わずかの美容処置をしようが経営状態が良くなるわけでもないでしょうし、無駄なあがきだと思いますね。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新丸子西口歯科はQ-lifeに登録しています。
株式会社
QLife(キューライフ)に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらから

「川崎市の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ」
「顎関節症は新丸子西口歯科医院へ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
****************************************
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・