神奈川県川崎市の歯科、新丸子西口歯科です。

2013.2.10.

続・どこで噛んでいいのかわからない患者さんがたまにいます。その後

以前の記事より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2011.7.9.

どこで噛んでいいのかわからない患者さんがたまにいます。
長い間奥歯がないとか、歯医者さんであちこち治療した為に痛みがでて噛まない状態が続いていると、筋肉がおかしくなり、力が入らないところで噛んでしまい習慣になるのです。

歯医者さんで早く終わらせるために患者に言われるままに右も左も相次いで治療してしまい、どのように

噛んでいいのかわからなくなり、結果として噛めないという方がいます。
右なら右のみある程度噛めるようにしてから左に移るようにしないと危険な感じがします。

又確実に右なら右の噛み合わせを確立してから反対側に移るというような正確な操作をしませんと
一度狂わせると全くよく噛めないという状態になりやすいのです。

主訴は反対側でしたが、写真の左の銀歯は適合も悪く噛み合わせは全然合っていません。
ご本人もどこで噛むのかわからないようです。
DSC_0024

奥から二つ目の銀歯の中が腐っていて歯茎の中まで腐っていました。
腐っているばい菌の塊“虫歯”を除去してさらに歯肉を切り取った後です。健康な部分は殆ど存在しません。
DSC_0029

腐れた歯の部分が銀歯に残っています。
DSC_0030

DSC_0032

歯の周りにプラスチックをつけて壁を作りばい菌が歯の中に入り込まないようにして治療をしています。

DSC_0040

治療終了後の写真です。

DSC_0044

傷が治り歯磨き時に出血が止まるのに一年ぐらいかかってしまいました。
DSC_0023

一番噛みやすい奥歯でしっかり噛んでいる状態です。
DSC_0010

癖で前のほうで噛むこともあり安定していません。
DSC_0013

このように安定しない噛み合わせでいろいろな位置でも噛めるようにするのは本当に難しいのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2013.2.9.の定期検診で
油断せずにプラークコントロールが出来ていてホットしています。毒素が貯まれば一貫の終わりですから。
DSC_0097













DSC_0099













・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新丸子西口歯科はQ-lifeに登録しています。
株式会社QLife(キューライフ)に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらから
「川崎市の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ」
「顎関節症は新丸子西口歯科医院へ」
入れ歯のことなら入れ歯専門の新丸子西口歯科へ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・