神奈川県川崎市の歯科、新丸子西口歯科です。
2012.1.10.

以前どこかの診療所で殆どの歯をセラミックにされた方が来院。主訴は“シミル”ということでした。治療された診療所では噛み合わせの問題だろうと、盛んにセラミックを削りまくったということです。

いつまでたってもシミルという状態が改善しないので当診療所への来院となりました。ここで問題があります。問題を起こした先生は多額の費用を頂いたわけです。そして病気?を起こしている訳ですね。でも患者さんはそこには行かずに別の歯科医院に行くわけです。

外してやり直すにも、もう一度お金をいただかないと無理な場合があります。ここでも悩みます。無料でもできませんし、又再度請求するのもかわいそうですね。

今回は単純に歯周病を患っていましたから、とにかくブラッシングを頑張りましょうと応援してやらせたところ幸いなことにシミルという痛みは少なくなり解決いたしました。

歯周病を患ったまま、削り被せたのが原因だと判断できました。
そして今回同じ部位のセラミックのブリッジが外れたとのことで電話がありました。(わずか3年前に作成したものだそうです。ため息が出ました。)

病気を治さず、歯大工ばかりに血道を上げる習性が、か様な結果となったのでしょうか、はたまた、被せたり削らない限り収入が上げられない今の保健制度や患者の意識がそうさせるのでしょうか。

考えさせられる事例です。口腔科の医師にならなければ!

お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

手前の歯がシミテイタ歯です。
DSC_0010

DSC_0009

DSC_0008

奥の歯がすごい虫歯になっていました。
DSC_0005

約3年前にかぶせたらしいのですが、下記は昨年のレントゲンです。白いところは殆どセラミックです。被せた所で病気が良くなるわけではないのです。注意しないと全て破壊されるのです。
DSC_0012

DSC_0013

今年のレントゲンです。右下の歯は腐り、神経まで腐り骨に炎症を起し溶けています。
DSC_0014

DSC_0015

反対の歯がないところには片側性の入れ歯で見てくれだけはよい、ふにゃふにゃの入れ歯が入っていました。あまり物を噛むのに使えるものではないし、引っ掛けられている前の歯がやられやすいので要注意です。

DSC_0011

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新黄木丸子西口歯科はQ-lifeに登録しています。
株式会社QLife(キューライフ)に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらから
「川崎市の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ」

「顎関節症は新丸子西口歯科医院へ」
入れ歯のことなら入れ歯専門の新丸子西口歯科へ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!