神奈川県川崎市の歯科、新丸子西口歯科です。
2012.11.8.

歯科でやることは破壊行為であり、医療行為は少ないのです。

h.p.上から探して来院された少し遠方の方です。
セラミックの歯が装着されていますが、歯の中にはバイキンが残っているようですし歯の中に入っている土台の金属の為か歯に亀裂か何か入っているようで、歯茎が腫れて来られたのです。

歯茎を切り確かめようとしたのですが、はっきりしません。そのうち来なくなり最近再来院。歯茎も腫れているようで少し切り取り様子を見ていました。

歯茎はなんとかなりますが、歯の中の治療は土台の金属を外さないといけませんから難しいのです。

右上の歯の奥から4番目の白い歯です。
DSC_0064

顎の骨の中に影があります。骨が溶けているのです。
DSC_0065
神経の処置が不完全ですね。
DSC_0063

DSC_0062
切り取った歯茎です。セラミックの上のところがむきだしですね。ココが腫れて炎症を起こしていたところです。
DSC_0054
出血がなくなり、歯の一部が欠けてなくなっているのがわかります。土台の穴を形成するときに歯の一部が損傷したのかもしれません。
DSC_0059

DSC_0058

見た目ではなく、とにかく歯は触らないことが一番です。そして何らかの原因で神経を取る場合も病気を起こさないように滅菌、消毒に注意して病気を治し、その後もなるべく金属の土台を入れたり被せたりしないようにしなければなりません。できる限りの範囲の話ですが、セラミックを被せても病気が良くなった訳ではないのですね。

下記の写真の方は15年前に神経を取りました前歯の方です。15年ぶりに検査の為に来院されました。
DSC_0217

DSC_0214

DSC_0215

DSC_0216
歯周病ですが、歯に何の問題も生じていません。金属の土台も、ましてやセラミックにしてもプラスチックも入れていません。お金の問題もありましたが、歯を削るという行為は破壊行為なのです。歯学部に入ると、そして既存の歯科医院でトレーニングをした歯科医師は、削るという行為が当たり前のことになり、医学的に考える行為ができないようになるのです。
DSC_0206
裏側です。
DSC_0207

全ての症例で同じようにできるかわかりませんが、歯大工から歯科の医師、そして口腔科の医師に進歩ではなく進化しなければいけないと思う日々です。

お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新丸子西口歯科はQ-lifeに登録しています。
株式会社QLife(キューライフ)に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちtらから

「川崎市の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ」

「顎関節症は新丸子西口歯科医院へ」
入れ歯のことなら入れ歯専門の新丸子西口歯科へ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!