神奈川県川崎市の歯科、新丸子西口歯科です。


2012.8.19.
「まったく新しいプラークコントロールの方法」という講演があります。
8/26日(日)1:00~3:00pm 場所はホテル・メトロポリタンエドモントニ階「悠久」

会費¥3000円

申し込みはtel&ax 048-773-9795  e-mail sesm@nifty.com


講師・・口腔研クリニック名誉院長、飯塚哲夫先生
飯塚哲夫の話は抽象的で具体的にどうするのかは聞いた事がありませんでした。座学で学ぶものは、医療ではないという至極当たり前の事を昔からお話されていましたから仕方ない側面もあります。

ですが、開業医で本を読む間もなく(少しは読んでいますが、笑い)朝から晩まで働いている零細企業の社長(笑い)であれば速攻性の経営に役立つものでないと、大学の先生のように理想論ばかりで自分で経営もできない能書きばかりの先生の話を聞いてもしかたがないのですから、具体的な方法とその値段、そしてアプローチの仕方などが気になります。

民間の歯科保険医は保険診療で病気を治癒させても殆ど経営できないし、いいこととは思いながら大事なプラックコントロールを衛生士任せで、本当に歯周病を治そうと思う気持ちが失せているのです。(歯科医師に能力がなければ衛生士に任せても無駄なような気がします。彼女らも何も知らないからです。残念ながら)

自由診療でやられているようですが、それでも患者さんがお金を払ってでも受けたいと思うその方法とは何かという事がいつも気になっていました。

当診療所では私が調べて指導していますが、保険である限り簡単にしかできず、経営的に言えば限界がありどうすればいいかいつも悩んでいます。そして患者さんが自費でお金を払ってもいいぐらいのレベルの技術であれば経営に差し障りがない範囲での導入を考えています。

人に病気の原因を理解させ、ブラシでプラックを取り続けなければ病気も防げないし、良い補綴物(銀歯、セラミックなど)を入れることも難しく、装着後もプラークを取り続けなければ破壊されていくことを理解してもらい,さらにお尻をたたいてやり続けさせることは中々難しいとおもっています。

怒ってもいけないし、脅し続ければいいのかといえば又効果が出にくいのもこのプラック除去
(ベタベタしたバイキンと毒素と食べ物の混じったもの)なのです。

人の気持ちを動かし、習慣を変えさせることは誠に難しいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
プラックコントロールは歯周病治療に必須のものであり、それは歯科医師にとって必須の知識であるだけでなく、歯科衛生にとってもその業務の大きな部分を占めています。プラックコントロールの基本は患者さん自身による口腔清掃ですから、患者さんに対する刷掃指導はプラックコントロールの中核をなすものです。

ところが、そのプラックコントロールや刷掃指導は、わが国はもちろんのこと世界的に見ても効果的に行われていないという現実があります。

皆さんは刷掃指導でどのような刷掃法を指導していますか。その刷掃法を指導している理由は何ですか?その刷掃法で歯周治療の効果が上がっていますか?上がっていることがどうしてわかりましたか?プラックコントロールと歯周組織の健康状態を関連させて評価していますか?このような質問に、皆さんはどう答えるでしょうか?

本講演では、これまで皆さんが想像だにしなかったプラックコントロールの新しい概念や方法が聞けるはずです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新丸子西口歯科はQ-lifeに登録しています。
株式会社
QLife(キューライフ)に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらから

「川崎市の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ」
「顎関節症は新丸子西口歯科医院へ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
****************************************
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!