神奈川県川崎市の歯科、新丸子西口歯科です。


2012.8.7.

転載記事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
咽頭炎「ヘルパンギーナ」注意を 乳幼児中心に感染拡大
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2012080221182199/



 発熱やのどの痛みを伴い、口内に水疱(すいほう)ができる急性ウイルス性咽頭(いんとう)炎「ヘルパンギーナ」の患者が県内で増加している。夏風邪の代表的な疾患で、大人に比べて免疫の弱い0〜5歳の乳幼児を中心に感染が拡大。県健康推進課は「猛暑で体力が落ちやすい時季だけに、健康管理には注意を」と呼び掛けている。

 県内54医療機関からの報告を基に週ごとの患者数をまとめた県の定点観測によると、4〜6月初旬は毎週2人前後だったが、第24週(6月11〜17日)から12人と急増。6月下旬の第25、26週は30〜45人で推移し、第27週(7月2〜8日)77人、第28週(9〜15日)96人、第29週(16〜22日)118人と右肩上がりに増加している。患者の約8割は乳幼児という。

 コクサッキーA型と呼ばれるウイルスが主原因で、唾液の飛沫(ひまつ)や接触、便を介した経口で感染。38度以上の高熱やのどの痛みのほか、直径1〜2ミリの赤い水疱が口内奥から咽頭にかけて多数できる。破れると激しい痛みのため、子どもは食事を受け付けにくくなり脱水症になりかねない。通常2〜4日で回復するが、発熱時に髄膜炎などの合併症を起こすケースもある。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新丸子西口歯科はQ-lifeに登録しています。
株式会社
QLife(キューライフ)に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらから

「川崎市の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ」
「顎関節症は新丸子西口歯科医院へ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
****************************************
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!