神奈川県川崎市の歯科、新丸子西口歯科です。


2012.8.1.

歯周病の歯の治療は要注意。

前歯の疼き(うずき)の為に来院されました。ですが歯周病がひどく治療の前にプラークコントロールをすることになりました。

ある程度出血もなくなり始めたので歯の間の虫歯の治療をやり、後日歯の間の研磨をしましたところその後数日して突然痛いと訴えられました。何故か分からず考えていたのですがどうしても理由が分からず、調べることにしました。

実は虫歯を除去して埋めたのですがそれを綺麗にするために歯の間を研磨したのです。それが原因とは思えませんでしたが、歯周病が悪化していたようで調べてみると大量の出血があるのです。ですから掃除をした後にブラシを時間をかけて歯の間に入れて掃除をしてくださいとお願いしました。それも歯磨き粉なしで時間をかけて刺激してくださいと。

DSC_0081

左下の歯は入れている金属と歯の間にすごいギャップがありバイキンがたまり虫歯になっているようです。
DSC_0082

左前歯の根の部分にバイキンによる炎症があり、骨に影があります。はずさなければ治療できないのですが、歯がないと困るということで歯周病がある程度よくなってからプラスチックで歯の形に歯を作成し、そこに穴を開け治療開始する予定です。ですから未だにブラッシングで歯周病の治療に専念してもらっています。仮歯を作り、出し入れしていると肝心の根管内のバイキン治療が失敗しやすいからです。このことも分からず治療と称して歯をいじられる歯科医師がいます。うまくいく可能性が低いと私は考えています。
DSC_0083

一番奥の歯の間が虫歯でした。それもかなり深いところです。頻繁に食べ物が食い込んでいたのが原因のようでした。
DSC_0084

歯周病がひどかった歯は治療後知覚過敏を起こしやすいようです。
DSC_0085

図の斜線のところが虫歯のために削合した部分という意味です。かみ合わせのところからアクセスしないと歯の間のバイキンは取れないのです。
DSC_0086

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新丸子西口歯科はQ-lifeに登録しています。
株式会社
QLife(キューライフ)に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらから

「川崎市の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ」
「顎関節症は新丸子西口歯科医院へ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
****************************************
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!








--