神奈川県川崎市の歯科、新丸子西口歯科です。


2012.7.16.

虫歯とは何なのか?

硬い硬組織に侵入したばい菌の塊で、酸を産生して歯を溶かし栄養を得るとともに棲家を広げている状態だとも言えます。

“ですから、虫歯の状態では痛くもないし症状はないのです。”

ですが、ひどくなり象牙質という歯の中の柔らかい部分まで侵入してくると細菌の毒素が歯の血管(神経とも言う。歯の中には血液が流れています。)の中に侵入したり細菌が入り込み始めますと戦いが起こるのです。

これが虫歯のしみるとか痛いという状態の姿なのです。ですからばい菌をとっても痛みが取れないことが多くて神経を取る(血管を除去すること)という最悪なことをしなければ痛みが取れないことを知ってください。

よく患者さんの中には、痛くしないで下さいとか言われる方が多いのですが、理解できますけれど取り残してしまえばどちらにしても痛くなる訳ですから、なるべく痛くない状態での虫歯の除去を勧めます。

早くそして痛くはなかったかもしれませんが、殆どの虫歯治療は取り残しの可能性が多いようです。目安は治療時間の長さと染色液での確認の有無、ラバーダム防湿などによりばい菌の侵入を防いでいるかどうかです。

虫歯治療でもばい菌の除去ですから大変なのですね。皆さんばい菌が見えますか?見えないでしょう。ですから歯の見える部分を除去した後も消毒薬で滅菌することが重要ですし、詰めたり被せた後でばい菌が侵入しないようになるべく隙間のない金属やプラスチックで閉鎖しなければ又侵入するのですよ。

銀歯やプラスチックの詰め物の中には、ばい菌の取り残しが殆どです。数年から数十年しないと痛みが出るほど進行しないからかもしれませんが、虫歯の治療がちゃんとできていれば二度と虫歯にはならないのです。

色が明らかに変でばい菌は残っています。
DSC_0025
ばい菌だらけ
DSC_0026
注射もせずに一時間かけてそっと取りました。
DSC_0030
かなり危ない状態なのです。痛みはないけれどいつ神経が痛み出すかわからない状態です。白いのがいいとかそのような話は病気を完全に治してからの話ではないでしょうか?
歯大工から口腔科の医師へ進化しなければなりませんんね。
DSC_0031

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新丸子西口歯科はQ-lifeに登録しています。
株式会社QLife(キューライフ)
に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらからよう

「川崎市の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ」
「顎関節症は新丸子西口歯科医院へ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
****************************************
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!