神奈川県川崎市の歯科、新丸子西口歯科です。


2012.6.7.
インプラントにも歯周病 速い進行、気付かぬことも
http://www.47news.jp/feature/medical/2012/06/post-689.html

 歯周病は自分の歯を失う大きな原因となるが、急速に普及するインプラント(人工歯
根)でも同じような症状になることがある。自分の歯に比べ進行が速い半面、気付くの
は遅れがち。専門医はインプラント治療前のケアと、定期的なチェックの大切さを訴
える。
 歯周病は歯と歯茎の間に繁殖する細菌への感染によって起きる。歯茎が腫れたり出
血したりする歯肉炎から、歯を支えるあごの骨にも影響する歯周炎に進み、放置すれ
ば最終的には骨がとけて歯が抜けてしまう。
 チタンでできた土台を骨に埋め込み、その上に人工歯を置くのがインプラント治療。
土台は骨にしっかり固定されるため硬い物もかめるが、

自分の歯との違いは、歯と骨
の間に歯根膜と呼ばれるコラーゲン組織がインプラントにはないことだ。


 「天然のバリアーとも言える歯根膜がないため、骨の側に細菌が入りやすくなる」

と、治療に携わる東京再生医療センター (東京都千代田区)の清水智幸院長は話す。イ
ンプラントの表面には、骨と結合しやすくするため微細な穴が多数あり、ここに細菌
が入り込むことも影響する。

 歯周炎に相当する「インプラント周囲炎」まで進んだ時に周囲の骨が失われるスピー
ドは、自分の歯の場合の数倍から数十倍とも言われるが、インプラントは骨に固定さ
れているため、抜かざるを得ない状態になって初めて医療機関に来る人も珍しくない
という。
 歯周病治療を応用してレーザーや超音波、アミノ酸や殺菌水などを使った取り組み
を進める清水院長。「歯周病を治さないままインプラントを埋め込んだり、その後の
ケアが十分でなかったりするケースが多い」と、患者の増加を懸念する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新丸子西口歯科はQ-lifeに登録しています。
株式会社QLife(キューライフ)
に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらから

「川崎市の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ」
「顎関節症は新丸子西口歯科医院へ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
****************************************
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!