神奈川県川崎市の歯科、新丸子西口歯科です。


2012.6.3.

あと何回で終わりますか?と質問する患者さんへ(遠方の患者さんを治療して)

こういう風に尋ねられて何回と答える歯科医師はおそらく歯大工的処置を行なっていることがおおいのではないかと思っています。(大体の目安は言えますが)

家とか物を作るときにはそういう風に答えるのはよくわかるものですね。でも物である補綴物(金属、セラミック、プラスチック)をいれたからといって病気が良くなるわけではないのですぐ再発してもっとひどい状態になることがわからない患者さんが多くて困ります。

虫歯もそれに伴う歯髄の炎症(虫歯がひどくなるとしみる、痛くなる、腐って顔が腫れる、噛んだ時に痛いなど)も全ては病原菌であり、歯周病は病原菌と毒素と食べ物粕などが混じった“プラーク”と呼ばれるものが原因なのです。

ですから虫歯というばい菌の塊は痛みがでないようにしなければいけませんが取り残しは危険ですし、歯周病という病気が治っていない状態でかぶせたり詰めたりすることはすぐ歯や歯の周りの病気を引き起こしすべて歯が抜ける、あるいは痛み出す原因であると理解できない方が多いので困るのです。

今回もわざわざ遠方から泊りがけで来られるので、土曜日に一時間を必ず取り、治療に努力した患者さんがいました。でも本人が望んでいた治療の歯の途中で隣の歯の歯周病が悪化して痛みが出たので急遽歯周病の治療となりましたが、いつも窓口で言われるのは、“あと何回で終わりますか?”という質問でした。

歯周病等は何回で終了すること等あまりない気長な治療以外には方法がない病気なのです。
ましてや左側に問題がある状態で反対の治療などはあまりやるべきではなく痛みや不都合がある場合は応急処置で済ませ、本来の気長な歯周病を治療して良くなってからしか被せる(金属、セラミック)ことはいけないということがわからない患者が多いのです。

ですから歯の治療は近場でやるのが常識だと私は考えています。遠方から来る方は入れ歯とか矯正とかそのような処置しか向いていないと思います。

まあ、そう言いましても以前こられた方は遠方に引っ越しても歯の治療を希望してこられる方が多いのは確かです。歯の治療はあまりやり直しができないことが多くて再治療も何度もできないことが多いので一回一回確実にそして歯茎マッサージ等のプラークコントロールの仕方を

しっかりとマスターするしか永遠に病気にならずに済ませる方法はないのです。

左下の歯(写真右)に大きな穴があいたままでちゃんとした治療(ラバーダムでの滅菌治療)を求めてこられました。
DSC_0010

DSC_0011
歯茎を除去してプラスチックで壁を作りばい菌が侵入しないようにして治療を行います。完全赤字の治療です。

DSC_0001

歯の中を掃除して病原菌を除去しています。数回を要します。
DSC_0013

根管充填終了です。ですが治療途中で隣の金属を入れた歯の間に歯周病がひどくなっており突然痛くなり応急処置もしましたが、残念ながら状態が悪く歯の間を削るとか貫通しないと治癒は無理な状態でした。本人は貫通させるとか半分に分割するのが嫌なようでしたが治療方針上そのことを決定してから先の治療しないと後で困ることになることが理解できないようでした。土曜日の患者さんですので長々と説明し、理解させることができなかったかもしれません。
DSC_0007
何度も言うようですが、病気を治してからしか被せたりするべきではないのです。それが長持ちする唯一の方法なのです。

何回と約束して無理なことばかりやるので歯医者に通ってもいずれダメになるのです。そのことの啓蒙が大事だと感じた一例でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歯茎の病気を起こしている状態で歯型をとり何かを作成したとしても精密なものは出血のためにつくれません。又病気が進行していけば、やがて動揺してはずれる原因となります。

病気の状態で被せることは危険なことを理解していたほうがいいと思います。

下記の写真は長らく仮歯を入れてブラッシングを怠っていた為に歯周病が悪化していた方の例です。

DSC_0001

DSC_0004

DSC_0005

あちこち触っているので仮歯だらけでした。そして噛む力で何度も破折して修理ばかりで数年経過したようです。あちこちいじることの問題を教えてくれた患者さんです。
DSC_0011

適合の悪いものを入れていれば病気になり易いのです。

DSC_0013

DSC_0016


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新丸子西口歯科はQ-lifeに登録しています。
株式会社QLife(キューライフ)
に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらから

「川崎市の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ」
「顎関節症は新丸子西口歯科医院へ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
****************************************
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!