神奈川県川崎市の歯科、新丸子西口歯科です。



海外で銀行口座を作る意味。

ツアー案内より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次に、今回のツアーで開設する銀行。
香港HSBCと 中国銀行ってどんな魅力があるのか?
なぜ、多くの銀行がある中で、この2つを選ぶのか、 それにはある理由があります。

まず、香港のHSBCに口座開設ですが、HSBCは現在世界の90近くの国々に進出をしており、
香港のHSBCに口座を開設することで、 世界各国の支店網で現地通貨を引き出しすることができるようになります。

この「世界各国」で現地通貨を出せる。 これが最大の魅力です。

そしてPLUSなどの提携キャッシュディスペンサーを使うことで、
ほとんどの国の街中で資金の引き出しができます。 

しかも非常に安い手数料コストで 現地通貨を引き出しできるようになります。
この「手数料」も大きな魅力の1つです。

そのため、いちいち海外に行ったときに、 両替を行う手間がなくなります。

空港の両替所、街中の両替所で両替すれば、 5%〜15%近くの両替手数料がかかりますが、
HSBCの香港に口座を持ち、旅行先でキャッシュカードから引き出しをすれば、
両替手数料のコストは、【0.25%】だけで済んでしまいます。

これだけでも非常に大きなメリットとなります。

そしてもう一つ作るべき銀行口座が中国内の「中国銀行」です。
HSBCの口座開設を行うのとあわせて、 ぜひ中国の中国銀行にも口座を今回のツアーで作ります。

現在の世界経済を、先頭で引っ張っている国は中国であり、 非常に好景気に沸いています。

中国は元という通貨で、中国内で取引をされていますが、
元は基本的に中国外への持ち出しが規制をされていますが、

いままで、世界中のそれぞれの国が成長をする段階で、 必ずその国の通貨は強くなりました。

リーマンショック後、 元は米ドルにペッグする形で固定されていますが、
圧倒的な輸出力、貿易黒字を抱えており、 各国から元の切り上げを求められています。

そのため、元という通貨は今後非常に強くなっていく、 高くなることが予測されます。

米ドルだけでなく、円に対しても強くなることが想像できるのです。

そのため、銀行口座を作るのであれば、 中国の銀行の中で、最も為替業務、貿易関連業務を得意とする、
中国銀行に口座を開設するべきという理由で、
今回の旅では、「中国銀行」の口座開設をします。

Macauの隣にある珠海(ジュハイ)という街は、
香港からもフェリーに乗り1時間で行くことができますので、
ジュハイの中国銀行で口座開設をするプランです。


中国銀行に口座を作る本当の意味〜中国元を持つ〜

さて、この「中国元」に注目をして、
この魅力についても、深堀をさせてもらいます。

まず、世界経済ですが、2008年の金融危機依頼、
世界中の様々な通貨において、非常に大きく不安定な値動きが続きました。

いまなおその世界経済の不安定は続いております。
いままでなかった政策が発表されたりすると、 予想もしなかった通貨の動きとなっています。

そして、企業業績の発表。
特に大きな金融機関の業績発表があれば、 株価も為替も大きく変動します。

どこから何が飛び出てくるか?これでは全く予想もできません。。
そんな中、中国元は、割合安定した動きが続いております。

それは、中国政府が為替をコントロールしていることが
最大理由と言われておりますが、 今後の中国元は確実に強くなると言われています。

では、なぜ、中国元は強くなると言い切れるのか。

世界中のそれぞれの通貨に対して中国元が強くなっていく理由ですが、
主に3つポイントがあると言われております。

理由1.国力の伸び

世界中がマイナスの成長に陥る中、
中国は、毎年安定した経済成長を続けています。

この中国の急成長こそが、
まず、元を強くしている原因の1つです。

中国国内の湾岸部・内陸部の格差があり、
湾岸部は一部先進国並みの発展、経済力を見せています。

しかし、
内陸部に関して言えば、まだまだ非常に貧しい状態なのですが、、
昨今の経済危機は、中国の内陸部にはあまり影響が出ていません。

これらの地域は元々が低い分、
メリットもあまり得られれなかったことが原因です。

実は、これらの地域が、
これから、根強い成長を見せる可能性があります。
ここに中国成長の見えないポイントがあります。

理由2.輸出から内需へ

世界の先進各国の経済が悪い中、
中国の輸出産業も大きなダメージを受けました。

しかし、中国は、内需の拡大に大きな予算を割き、
それを非常に早いスピードで矢継ぎ早にスタートしています。

その規模、60兆円規模で経済政策が行われました。

この多くが、内陸部、田舎の基本的なインフラ整備に
多くの予算があてられます。

そして、ここでは数多くの雇用が生まれ、
雇用がうまれることで、
更なる内需拡大につながることが予想されます。

この内需拡大も中国を成長させる要因の1つです。

理由3.多額の外貨準備高

現在、外貨準備高は世界一。
そして、世界で一番アメリカの国債を持っているのは、中国です。

今後はますます持ち高を増やす可能性があります。

中国は、日本のようにアメリカの言うままではなく、
はっきりと様々な政策にも口を出し、
自国の立場を世界の中でより強固にしていく戦略国です。

元という通貨に対しても同様で、
コントロールしつつ、国内の経済に悪影響をあまり与えない範囲で、
長期的に中国元は強くなっていく可能性があります。

 

以上3つのポイントがありましたが、
「中国元」が強くなる理由は様
々なものがあり、これから中国元は中長期に
わたって強くなっていくと予想されています。


これは実際に今回のツアーで、
中国国内に入り、実際に元を使ってみるとすんなりわかると思います。

実際に、国力から考えての物価が、日本円から換算して
異常に安いことを肌で感じて頂けるはずです。

只今、世界経済が大変不安定な状況にありますので、
「中国って大丈夫なのかな?」という疑問もあるかもしれませんが、
中長期で考えたときに、確実に中国はもっと成長するでしょう。


あなたも中国が強くなっている。という事実は、
様々なニュースや噂でよく聞いているのではないでしょうか?

仮に今の政府のコントロール下で、
年間10%程度の為替水準の切り上げが行われたとすると、
現在の「2倍」の為替水準になります。


今、約1元12円ですが、
もしかしたら、2倍の1元24円以上になる可能性は十分にあります。

中国銀行に口座を開設する理由・・
それは「中国元を保有すること」ここに一番の理由があるのです。

さらには、その中国元を中国銀行に預けることで、
大きなメリットを受けることもできます。


中国銀行で定期預金を組んだ場合、
5年定期で5.5%の利息がつきます。

為替が年間10%切り上がると仮定した場合、
非常に良い投資になります。

「今の時代に安心・着実・確実な投資があるとしたら、
それは中国元が一番ではないか?」とチャーリー氏は言います。


現在、中国経済は、日本を抜き世界2位になりました。
世界経済の不安定さに影響を受けてGDPの伸び率に
ダウンしたりすることありますが、今もなお9%以上の安定した成長をしています。

ここからして、ますます中国元は今後安定して強くなり、
今のうちに、元を持っておけば、その恩恵を享受することができるのです。


一番カンタンで、一番確実な投資。

それは、「成長する国の銀行に日本円を換えておくこと」です。
これならば誰だって出来ます。お金を預けておくだけですから。

実は、金利が高く、為替の強くなる銀行に
10年20年と預けておくと、【複利】によって
莫大な資産を築くことができることを知っていましたか?

お金がお金を増やしていく仕組みの1つ、
日本に預金してあるお金を、海外に移すだけでも、
立派な海外投資の1つなのです。

だからこそ、海外投資をしたいけれど、
不動産には手をつけることができないと悩んでいる人ほど、
まずは、海外で銀行口座を開設してみて下さい。

ここが海外投資のファーストステップです!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新丸子西口歯科はQ-lifeに登録しています。
株式会社QLife(キューライフ)
に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はこちらから

「川崎市の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ」
「顎関節症は新丸子西口歯科医院へ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫
TEL&FAX 044-744-1181
****************************************
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!