神奈川県川崎市の歯科、新丸子西口歯科です。

「咬合学の最前線」という講演に参加しました。
埼玉県に存在する歯科病院、飯塚哲夫先生の新春講演会が飯田橋のホテル・メトロポリタンエドモントで開催されました。

http://www.kokuken-clinic.or.jp/
著書一覧
http://www.kokuken-clinic.or.jp/book.html

PT340172














PT340173














咬合学とは、上の歯と下の歯がどのように噛ませるかどのように噛むことが理想的かなどを考える学問です。

約百年以上前、アメリカの歯科の咬合に関する歴史的変遷をたどり、現在では大事であるが学問とよばれるほどではなく、医療とは異なる矯正とか入れ歯、差し歯などになんとか権威つけしたい歯科大学の先生や歯科医の“プライド”をくすぐる道具としか使われていないという手厳しい指摘でした。

歯科医師が医師となる為には、こけおどしの学問より虫歯や歯周病を完全に治す能力を高めたり、矯正をするときには病気を起こさないように注意するとか、お口や顎の周りの様々な病気を治す能力をつけなければならないことを強調されていました。

詰めたり被せたりする前に虫歯や歯周病を完全に治し、かつ歯や歯茎に問題を起こさないような
差し歯や被せ物を作るようにすることこそが重要なのではないかと思った次第です。

美容もインプラントもいいですが、傷害をいかに少なくするかが、医療としては一番大事なのではないかと思います。美容も矯正もインプラントも入れ歯も医療行為ではありません。

ですからお口の中で矯正したり入れたりすることはお口の中に病気を起こしやすいので、そういう事に注意しながらやることこそ医療としては大事なのではないかと思うのです。

当然歯や歯茎に問題を起こさないような、かみ合わせに注意した差し歯や入れ歯を入れるという意味では、一つ一つの患者の個別のお口の状態にあわせてかみ合わせを考えることも大事かもしれません。

たかが上下のかみ合わせ、されど取れたり痛くならないようにするのはちょっぴり職人的センスも必要かもしれません。

けれども矯正をして歯並びを変えたからと言って体の調子が良くなることもないし、体全体の不調がかみ合わせを変更して良くなる事も科学的には無いようです。

又同日に経営者としての講演会もありダブルで行ったり来たりで大変な一日でした。
PT340171














PT340178














・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新丸子西口歯科はデンターネットに参加してます。皆さんのおかげで、川崎中原区で29位になっています。ありがとうございます。

「新丸子西口歯科、良いね」と思って頂ける方はこちら

 からデンターネットに行って「新丸子西口歯科」の「HP」というボタンをクリックして下さい。投稿も大募集中です!

株式会社
QLife(キューライフ)に登録して商品をゲットし評価をお願いします。
会員登録はこちらから

*****************************************
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!

211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫

TEL&FAX 044-744-1181

  「川崎の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ」
顎関節症は新丸子西口歯科医院へ」
神奈川県入れ歯・義歯センター・川崎市中原区新丸子の歯科医院

*****************************************