神奈川県川崎市の歯科、新丸子西口歯科です。

沢山の種類の入れ歯がありますが、シンプルなものは如何ですか?
最近色々な入れ歯を紹介しているh.p.を覗いてみると入れ歯には、沢山の種類があるようです。

しかし、物事はいたってシンプルに考えねば混乱しますし長続きしません。
例えば、部分入れ歯の場合、これは金属でないと殆ど使い物になりません。
入れ歯が動いてしまうと歯がぐらぐらして駄目になるからです。

審美的と称してフニャフニャで、歯にかかる部分が柔らかく、歯や歯茎に近い色の入れ歯があります。

ですが殆ど噛めません。動いてはいけないのです。
金属でなければ、薄
く小さく作れないからです。そしてやたら難しいものは、後々に問題を起こしてきます。

コーヌス、リーゲルというような残っている歯に緊密な仕掛けを作り動かない入れ歯を作る方法が昔からあります。

磁石を使ったマグネット義歯も似たような類です。でもどんなに緊密であろうが、歯に無理を加えたものは、早晩歯の崩壊とともに入れ歯は使えなくなります。

大体歯を使って動かない入れ歯は入れ歯の為に歯がぐらぐらしてくるか、歯の虫歯や歯周病の為に入れ歯そのものが駄目になります。

歯に負担をかけない入れ歯こそ長持ちするのです。

最近はインプラントを土台として動かない入れ歯を作る歯科医師がいますが、おかしいと考えないのでしょうか?

入れ歯は少しは動かなければいけませんが、それは歯や歯茎に問題を起こさない程度です。

インプラントは骨に刺さったクギです。動かないのが前提です。そして入れ歯は歯肉という生体に接触していますから、少し動きながら機能していくものなのです。

それをくっつけたらどうなるか?どちらかに問題を起こしてきます。

タイヤがパンクした状態がインプラント、空気の入っている弾力あるタイヤが歯であり歯肉なのです。

それはサスペンションを持つか持たないかの違いともいえます。

パンクしたタイヤでは乗り心地が悪くないのでしょうか?
歯や歯茎は生きていますし、弾力を持ちます。

異物であるコーヌス、リーゲルやマグネット、インプラントは“余り”がないのです。
一緒にしない方がいいのです。

以前遊びで作った義歯です。歯に内冠、外側の外冠が入れ歯側にあり茶筒みたいになる力で動かなくなります。ですが、もともとの入れ歯の出来が悪ければすぐ駄目になりますし、土台の歯は死んだ歯ですから虫歯や歯折を起こし駄目になりやすいのです。
コーヌス義歯
DSC_0035
















DSC_0033
















DSC_0029

















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新丸子西口歯科はデンターネット に参加してます。皆さんのおかげで、川崎中原区で29位になっています。ありがとうございます。

「新丸子西口歯科、良いね」と思って頂ける方はこちら

 からデンターネットに行って「新丸子西口歯科」の「HP」というボタンをクリックして下さい。投稿も大募集中です!

株式会社QLife(キューライフ) に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はここから
*****************************************
お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!

211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫

TEL&FAX 044-744-1181
 「川崎市の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ
顎関節症は新丸子西口歯科医院へ
神奈川県入れ歯・義歯センター・川崎市中原区新丸子の歯科医院*****************************************