神奈川県川崎市の歯科、新丸子西口歯科です。

歯医者とは何者なのか?

大体世間の方々は、差し歯を入れたり歯を削ったりする職人さんというイメージしか持たれていないので
はないかと思います。

多くの歯科医師も家業がそうであれば、内々仕事がどういうものか理解を持ちながら進学してきますから、納得ずくで勉強をされます。

ところが、今から30年以上前の日本では医学部の異常な人気とそれにつられて代替学部である歯学部に異常な人気が出ていた時期がありました。

当時は入学の過熱とともに何もわからず入学してしまった私のような歯学部の学生も沢山いたのです。親も喜ぶし、周りからもよかったね〜とか何かエリートになったような気分になり有頂天の極みでしたが、

学生時代の基礎医学は覚えるばかりの学問で正直言って大変なだけのものでした。医師であれば必ず必要なことですが、殆ど大工仕事に従事する歯科医師には、国家試験の為の通過地点(いやいやながらやらなければならない)にしか過ぎず卒業後は、顧みることもない学問でもあるのです。

ところが、歯大工的仕事にプロという意識を持てなかった私は、少しは医師らしい麻酔科というものを選び大学院に進学したのです。

ここでは、解剖や生理、生化学、内科的知識が必要で毎日勉強ばかりしていました。充実していたと言えば充実していました。

ただ、麻酔科という極めて医科的なところでは、その技術を習得しても食べていけるかどうかわからないという不安はありました。

そしてアルバイトと称する歯科の現場では何もできずにストレスばかりたまるのです。次々と入る患者の治療は治療というより穴埋めのたぐいで、病気を治すとか治療をやるというようなものはなく、ますます、歯科というものは仕事と呼べる代物ではないという感覚を持ちました。

ですが、出来ないという事は悔しさにも結び付くものです。
歯学部では、普通の歯医者みたいなものから顎顔面の外科、今は少ないようですが唇顎口蓋裂(いわゆるミツクチ)や顎、舌の癌など悪性腫瘍から良性の腫瘍や、外科的に顎を切断して矯正をすることなどもやっていました

そのような全身麻酔を伴う手術の為に歯学部に麻酔科というものができたのです。その2期生として大学院に残った訳です。

そして大学を辞めて普通の歯科医院に勤めてわかったことはやはり医療とは呼べない実態でした。給料の為に働いているようなもので医療と呼べるようなものではありませんでした。

どれだけ沢山の歯をいじくり保険点数を上げ収益を上げるかそのような競争ばかりをやっていた記憶があります。

ですが優れた技術を持ちたいというまじめな気持ちから、なけなしのお金をはたき、補綴という差し歯やかみ合わせ入れ歯の勉強をする講習会ばかりに参加していた記憶があります。

又歯周病で有名な先生の講習会とか神経を取る処置で有名な方の講習会、当時は有名であった顎関節症の先生の話などを聞きに行ったりしてうまくなろうという努力をしていました。

ですが、数をこなすだけの保険診療主体の診療所では学んだ知識や技術をいかす術もなく悶々とした日々を送っていたのです。

その時に先輩の家で奇妙な雑誌に出会ったのです。
一つは近代口腔科学研究会雑誌、二つ目は人間学を学ぶ月刊誌「致
知」という雑誌です。

この二つの雑誌は今でも購読している私の愛読書の二つです。とくに近代口腔科学研究会雑誌は、飯塚哲夫先生という偉大な先生が歯科という奇妙な仕事を口腔科という仕事に変えなければならないという趣旨で

勉強会を催され、歯大工の仕事から口腔の医療をやる為にはという視点から議論した内容を書いた雑誌です。

答えはなく議論主体ですから読んだからと言ってすぐにうまくなるわけではないですが、とても臨床で考えさせられることばかりでした。

歯科医は、歯周病も虫歯も治せない。そして歯科医が触れば触るほど口腔内は破壊されていくという趣旨の話が沢山でていました。

当時はとても不愉快な気持ちになりましたが、今考えればまさしく本当です。

それは歯科医の歴史からきていると言うのです。1600年代までのヨーロッパでは、医師と言えば内科医しかいないのです。外科医も町の大道芸人よろしく、見世物小屋で手術をするようなたぐいの方が外科の手術をやっていたのですね。

即ち、理髪店の店主のような方が、悪いものを切り取ったり、膿を取りだしたりというような感じであったようです。青、赤、白の理髪店のシグナルはその名残だそうです。

同じように、歯抜き屋という職業の方や、入れ歯士という職業もあり彼等は、他の仕事の合間に注文に応じて歯を抜いたり、しばらくして入れ歯を作るようなことで収入を得ていたのです。

ですから、外科医や歯科医の祖先は大道芸人の類であったことは歴史を学べばよくわかることです。

やがて医師は大学というところで養成するような専門職としての地位を確立していきます。その過程で内科と外科は医師になる為には、必要な知識となり両方を教えることになっていったのです。

もともと大道芸の香具師(やし)や職人としてのルーツを持つ歯科医師が大学教育で教育されるようになったのは、日本では戦後即ち1945年以降なのです。

ヨーロッパでは1960年代ですからもっと後からなんですね。それまでは職人養成専門学校として専門学校しかなく修養年限も大学とは違い短かったようです。

片や学士という肩書、かたやタダの職人という感じでしょうか。
ただアメリカでは、唯一大学卒業後の学士しか入れないというものに、医学部と歯学部、法学部がずいぶん前からあり、戦争に負けた日本はそれに倣い、歯科の専門学校から大学に昇格したという歴史を持っています。

ですが、アメリカであろうと日本であろうと出自は職人としての歴史をもっているのでやはり歯大工や職人としての教育が多く、その訓練ばかりなのです。

もし医療として歯科を考えるならば、病気を治したり病気にならないようにするのが医療として重要なのです。

ですから被せたり詰めたりすることより虫歯という病気を治し、歯周病という病気を治し、顎や歯肉や顔の周りの病気を治すことこそ医師のしての意義があるのではないかと思うのです。

それに付随して差し歯や入れ歯、歯科矯正などの非医療行為も出来た方が患者さんの為にもなります。

ですから歯科医に求められる技術というのは、虫歯や歯周病という病気を治し且つ口腔内のあらゆる病気を治すことこそ世間様から望まれる口腔の医師の姿ではないでしょうか?

それには、数年の臨床研修という医師のような研修を受けない限りうまくなれないのが常識なのです。

明治時代に旧来の漢方医が排除され、西洋の医学部に相当する官立の医学部が創設されていきました。この最初の医学部が東京大学医学部でこの学部には、内科、外科、歯科がありました。ただ、歯科と言いましても、眼科、耳鼻咽喉科、歯科を含む大きなくくりでの歯科だったようです。

その中でも歯科というのは、いまでいう口腔外科、顔面外科のような顔の周りの外科を指し今風にいう歯科医師のやる歯科ではなかったわけです。当然歯を抜歯したり、手術はしたようですが、差し歯を入れたり、入れ歯を作るようなことはなく、それは下請けの職人が作っていたようです。

この下請けの職人が歯科医師の祖先と言えます。やがてこの職人である歯科医師にも簡単な抜歯や手術も許すということで歯科医師法の成立とともに免許が与えられ、免許を取得した者のみが歯科の仕事をできるようになって行きました。

大学で教えるような事でもないという事で、日本では戦前まで専門学校として教育をしていた訳です。主に入れ歯とか差し歯、簡単な抜歯とか手術、穴を埋めるとか詰めるなどの非医療行為のトレーニング機関であり、付属して医学を基礎医学として教えていたのです。関連する医学として医師により設立された

口腔外科という学問と医療は、医学部を出た医師が歯科専門学校で教授として教え又手術などをやり歯科医師にもその技術を教えていったという歴史があります。

ですから純粋に医師がやる口腔外科という分野は、医療なのですから医師がやるもので、歯科医師が手をだすようなものではなかったのですね。

ただ、どうしても手術後入れ歯を入れたり刺し歯を入れたりしなければならずどうしても非医療行為である歯科的な施術をせざるをえなかったのです。

結果として医学部の口腔外科は現在も存在しますが、はるか昔は医師がやっていたのに、現在は歯科医師がすべてやっているという次第です。

もともと職人という歴史を持つ為に、歯学部というのは医療行為より職人としてのカリキュラムが殆どで、医療行為という発想が生まれにくいという環境にあります。

ですから虫歯という病気になっても,病原菌である虫歯を神経を損傷させずに除去するという発想がない為にばい菌を残したまま、あるいは汚染や感染に注意しないまま、ただ歯をほじくるだけという非医療行為をやってしまうのです。

歯周病という病気を治さず、あるいは指摘もせず病的な状態で被せて詰めて“おしまい”というような事になりかねないのです。

何故か判りませんが、隙間があると削ってつなぐとか、神経がないというだけで削りまくりセトモノとか金属を被せてしまう習性が習慣的にあるのです。歯を触ることはすべて傷害であるという当たり前の医学的常識を欠落しやすいカリキュラムのせいなのか、そうしないと収入にならないからかわかりませんが、そういう傾向があります。

不幸なことに歯が駄目になり抜歯しなくてはならなくなると、そこを埋めるためにすぐに両側の歯を削るとか、それのみならず“しみないように”あらかじめ神経をとってしまうとかという恐ろしい発想となり、最近ではインプラントという人工の異物を埋め込むような発想となります。

どのような場合でも歯を削る量は少ない方が良いし、しみるからといって
神経を取るような発想は医師の発想ではないのです。

ましてやまだ賛否両論があり決して救世主になりえない人工異物である
金属の杭を打ち込み治療と称する風潮があります。
(歯周病になりやすい、天然歯と違い動かないので周りの歯の動きと調和しない。)

今日矯正治療という名の美容をやりながら、これが骨や顎関節や歯や歯肉や神経に問題がある事を理解できずに、お金だけいただき見た目に綺麗にしてもあらゆるところに病気を起こしていることに気ずかないという現実を引き起こしてしまいます。

具体例をあげてみましょう。

虫歯や歯周病は殆ど治っていません。



顎関節症というのは、30年前以上から顎の関節の問題ではなく筋肉や靭帯という関節の周りの軟組織の問題であることはわかっていて歯やかみ合わせ、関節を触ることがないというのが、世界中の専門家のコンセンサスが採れた見解です。(精神的なものが原因のことがおおいのですから)

ところが、いまだにかみ合わせ治療とかマウスピースを使用するとか矯正治療によりかみ合わせを治して治療するという方がいます。


確かにこれらでも改善することはあります。しかしそれは何もしないでも治った可能性がある方であるかもしれない可能性が高いのです。

ゆめゆめ、なお意図的に歯を触り、かみ合わせを改善しますとか“嘘”をついて高額な治療費を取らないようにしなければなりません。

最近の患者さんの話を載せます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の母は70歳で脳梗塞を患い、後遺症で左半身麻痺による車椅子の生活を送っています。

●病状
2010年初旬より、「口が開かない」「食べ物が噛めない」という訴えが始まりました。
食事が出来ないため、やせ細り顔色も生気を失い始め焦って調べたところ、「顎関節症」なる病名と行き着き、病状も一致しました。

大多数の方と同様に、歯科医や器具作成業者探しに取り掛かりました。
そのときにインターネットで「新丸子西口歯科」様のWebに辿り着いたのです。
Webに書かれている「自律神経の調整」という言葉に着目し、診ていただきました。

●受診の理由

(1)高額な器具を使用・歯を削るなどのかみ合わせ調整・・・という、体力・費用・時間を投入しての治療法で「完治しない」という感想が圧倒的に多い。

(2)顎のズレ/歯の破損/関節・骨の異常ならば、歯を食いしばり振動の多い過酷なスポーツ選手や身体を酷使する業務の方が多いはず。
プロレスリングのような衝撃の多いスポーツ選手しかり。
しかし調べていくと、どうやら穏やかな仕事従事の方が顎関節症に悩んでいる傾向だと分かってきて、器官の損傷で無いかもしれない、と考えました。
それならば神経系統だろうと、注目した次第です。

●治療後

一回だけの治療(問診とアドバイスが中心)で、翌日からケロリと母の口の動きが完治して、ただただ驚いています。

また今回の症状を機会に、「脳梗塞」イコールで投与されていた「抗鬱薬」と「認知症予防薬」を母の意志により止めましたが、毎晩熟睡ができて食欲回復し、今では非常に元気が蘇ってきました。

病院ジプシーをすることなく、こちらの治療院に巡り会えたことを心より感謝しています。
今後のご活躍を願っております!

Image0020











































Image0021











































・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新丸子西口歯科はデンターネット

 に参加してます。皆さんのおかげで、川崎中原区で29位になっています。ありがとうございます。

「新丸子西口歯科、良いね」と思って頂ける方はこちら

 からデンターネットに行って「新丸子西口歯科」の「HP」というボタンをクリックして下さい。投稿も大募集中です!

株式会社QLife(キューライフ) に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はここから
*****************************************

お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!

211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫

TEL&FAX 044-744-1181

 「川崎市の入れ歯なら新丸子西口歯科医院へ
顎関節症は新丸子西口歯科医院へ
神奈川県入れ歯・義歯センター・川崎市中原区新丸子の歯科医院

*******************************************