神奈川県川崎市の歯科、新丸子西口歯科です。

神経を取った歯は非常に弱いので削って差し歯や金属冠にすることが多いのです。それをセラミックにしたところで健康になるわけではありません。削るということに関しては大差ないのです。

そこで前歯の事を考えてみます。

今回20年振り前の差し歯の歯茎が痛くなり腫れて来た患者さんの例です。
DSC_0015

下の写真の左から三番目のブリッジの土台の
歯の右側に歯茎に9mmの深い穴が存在
します。一見歯周病みたいですが、
亀裂が歯に入るとよく起こる現象なのです。
DSC_0016

とりあえず左から二番目の歯の
根管治療を始めています。
DSC_0017

DSC_0018
下のレントゲン写真は根管治療が終了した状態です。
DSC_0018

やはりブリッジの土台でしたから
歯は割れていました。歯茎から
上に健康な歯の部分が少ないと
どうしても金属の土台に頼り根の
部分に強いストレスをかけるのです。
DSC_0454

DSC_0455

亀裂が入った所は歯周病になり骨が溶けるのです。
DSC_0456

DSC_0457

注射をしてしびれさせ痛くなくなってから歯茎を開き、歯折を患者さんに確認してもらってから抜歯しました。抜歯と同時に仮歯を作りましてその日に付けました。縫合の糸が痛々しい限りですね。
DSC_0010

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
神経を取り病気を治した場合、すべての部分を削って差し歯にしないといけないかと言うと疑問です。

例えばそうすると残った歯はどうなるかと考えるとわかりやすいのです。
下の写真のような状態になります。だから歯の寿命が短いのが理解できますでしょうか?差し歯をつけても寿命が短くなるのがわかりますか?
取れたからと言って再度付けても、いずれ脱落したり歯根が歯折して
治療不能になることが多いのです。

なかなか患者さんには理解できないようで“絶対に取れないようにしてください!”と厳命され閉口することが多いのです。

それなりの対処の仕方もありますが、最初から私のところに来ていただいたらとため息が出るのです。
DSC_0066

DSC_0065

ですから神経を取ったとか、神経の処置を行ってもなるべく差し歯にしない方がいいのです。その方が寿命が長いことが多いように思います。

下の写真は神経が腐って顔が腫れて来た患者さんの歯の状態です。
治療終了後の写真です。大きく穴があいているのはばい菌を硬い歯の
中から削除したからなのです。
DSC_0451

DSC_0450

下の写真、少し見た目は黄色いのです(まん中左の歯)が、本人がこれでよろしいという事で接着剤を歯の中に入れて終了しました。気になるようであれば漂泊したり表面だけをセラミックで薄く貼り付ければ綺麗に見えると思います。
DSC_0452

歯は削らない方が長持ちするのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新丸子西口歯科はデンターネット

 に参加してます。皆さんのおかげで、川崎中原区で29位になっています。ありがとうございます。

「新丸子西口歯科、良いね」と思って頂ける方はこちら

 

からデンターネットに行って「新丸子西口歯科」の「HP」というボタンをクリックして下さい。投稿も大募集中です!

株式会社QLife(キューライフ) に登録して商品をゲットし評価をお願いします。会員登録はここから



*******************************************

お口の中から差し歯、入れ歯、詰め物を追放しましょう!
口の中の病気を治し、病気を興さない医療を目指します。
二度とお口の中へ変なものを入れなくても済むように
予防に精進いたしましょう!安全な矯正、美容を目指しましょう!

211-0063
川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

新丸子西口歯科
松下勲夫

TEL&FAX 044-744-1181

http://www.net-dental.jp/
info@net-dental.jp

http://www.1net-dental.jp/
info@1net-dental.jp

http://blognet-dental.blogdehp.ne.jp/
isao1@ya2.so-net.ne.jp/
*******************************************